Line@

引き締まった美尻を実現する「お尻歩き」エクササイズをご紹介します。

見た目はちょっと滑稽ですが、お尻や下半身全体、さらにお腹周りの運動にもなり、ダイエット効果も期待できます!また、骨盤を支えるインナーマッスルの強化にも役立つため、骨盤矯正の効果などもあります。

膝や脚への負担が少ない点も特徴で老若男女が実践できるエクササイズ方法です。

記事の前半ではアニメーション画像とより詳しい画像解説でやり方をご紹介します。
記事の後半ではお尻歩きの効果やメリットについて詳しく解説していますので、まずは実践!という方は記事の前半をご覧ください。
効果などについて詳しく知りたい方は記事の後半をご覧ください!!

美尻をゲットする「お尻歩き運動」

詳しい解説に移る前にアニメーション画像をご用意しましたので、まずはこちらをご覧ください♪

<お尻歩き:横から見た図と後ろから見た図>
お尻歩き:横からの図お尻歩き:後ろからの図

上記のアニメーション画像でほぼやり方はわかると思います。

腕を振りながら左右のお尻で、少しづつ前へと進んでいくエクササイズです。

もう少し詳しい、動きの解説については以下をご覧ください。
お尻歩き運動
1.両足をそろえて長座の状態で座ります。
両肘を上げた状態で腰をひねりながら骨盤を押し出すように「お尻のほっぺ」で歩きます。

右ひじを前へ突き出した時は右のお尻を1歩分前へと進め、逆の左肘を前へ突き出す時は左のお尻を1歩前へ進めます。

2.今度は同じ動きを後ろへと向かって動かします。
しっかりと腰をまわしながら運動する事がこのエクササイズのポイントです。

前へ10歩、後ろへ10歩を1セットとして5セットほど行いましょう。

5セットで余裕を感じる方は合計10分ほどを目標に行なってみてください。

※画像では動きがわかりにくい!という方は記事の最後に動画を載せてありますので参考にしてみてください。

<お尻歩きのポイント・注意点>

  • ・背筋をまっすぐをキープしましょう!
  • ・お尻歩き中にひざが曲がらないように気をつけましょう。
  • ・お尻歩き中に足が開いてしまわないように気をつけましょう。

お尻歩きの効果

  • ・ひざや太ももなどに負担が少ない。
  • ・骨盤矯正効果が期待できる。
  • ・お腹周りのインナーマッスルの強化
  • ・背中、腕などの筋肉も刺激できる。
  • ・便秘解消効果を期待できます。
  • ・体幹を鍛える事が出来る。
  • ・下半身のむくみ解消。
  • ・腰痛の改善

ヒップアップ効果から下半身のむくみを解消することで美脚効果など女性に嬉しい効果が沢山あります。
ひざなどの下半身の関節に負担をかけずらい運動ですのでウォーキングやランニングでひざを痛めてしまう方や下半身の関節に不安を感じている方も行う事が出来ます。

骨盤を前へ前へと動かす事で骨盤を矯正する効果と腰痛を予防する効果が期待できます。

肘から腕を振って前に後ろに動くのでお腹や上半身のインナーマッスルを効果的に鍛える事が出来ます。

慣れないうちは翌日などに筋肉痛になることもあります。
その場合は1~2日お休みの日を作ってまた行なってみてください。
(どんなトレーニングも無理をして毎日行うよりも、休息日を用意したほうが効果的とされています)

お尻歩きのオススメ動画

こちらの動画では腕を組んだ状態と腕を上に上げた状態の2パターンのお尻歩きを紹介しています。お好み次第ですが私は画像で先ほど紹介した腕振り運動を加えた方が効果的に感じています。

お次の動画はお尻歩きで前に進まないパターンです。
せまい場所やベッドの上で行う際にはその場で足踏みならぬ、お尻踏みの運動を行いましょう!

美尻を目指すのに最適なダイエットスリッパのご紹介です。

普段の生活のままで、運動ができて嬉しいですね♪

以上です。
嬉しい効果満載のお尻歩きで引き締まったお尻をゲットしましょう♪

お尻歩きのダイエット効果を高めるは??

骨盤のゆがみの解消や全身の運動に役立つオススメエクササイズですが、これだけでダイエット!となるとちょっと辛い部分があります。

当サイトの基本的なダイエットの考え方をご紹介します。

ダイエットの基本は 消費カロリー>摂取カロリー です。非常にシンプルに考えると「食べ過ぎれば太る・脂肪が増える」です。

要はお尻歩きやダイエットに効果的とされるその他の運動を頑張っていたとしても「痩せない」事になります。

もちろん、軽めの室内エクササイズや今回ご紹介のようなお尻歩きだけでダイエットに成功する方ももちろんいますが、体質や食生活も大きく影響するのがダイエットです。

多くの人に当てはまるダイエットのコツをご紹介します。

<ダイエットのコツ>
・室内エクササイズを実践!(お尻歩きなど)
・少し歩く量を増やす
・軽めに糖質を抑える

1つ目の室内エクササイズはお尻歩きの他にも色々と美wiseではご紹介していますので、お好みの物を選択して続けてみてください。

2つ目は通勤や通学時などで歩く量を少し増やしてみてください。
最初は帰り道を少し遠回りするなど10~20分からで大丈夫です。

3つ目は糖質です。
甘いモノはもちろんですが、炭水化物(パンやお米や麺類)にも糖質は多く含まれています。
夕食のご飯を3割くらい減らすなどの工夫は、糖質を抑え、カロリーも抑えられるためおすすめです。

以上です!
お尻歩きはダイエットにも効果的ですし、その他の嬉しい効果が色々とありますので、継続しつつ健康的なダイエットに活かしてください。

関連記事