バランストレーニングを行うことで体幹が鍛えられ美しいスタイルをキープすることに役立ちます。

その他にもバランス感覚が養われ、運動時の怪我の予防や加齢による転倒などを避けることにつながります。

当サイトではこれまでにも様々なダイエット器具を使ったバランストレーニングの方法をご紹介してきました。

今回はその総集編という形でバランストレーニングに役立つグッズの活用方法をご紹介ます。

記事後半では体一つで出来るバランストレーニングの方法もご紹介しています。

ダイエット器具を用意しない方はそちらを参考にしてみてください。

バランスディスクを使った体幹の鍛え方

バランスディスクは省スペースで体幹を鍛えることの出来るグッズです。

バランスボールと比較して省スペースな点がおすすめポイントです。

デメリットは慣れるまではちょっと難易度が高く、バランスを崩すとケガの原因になるなど注意が必要です。

◆基本的な使い方
バランスディスク基本の使い方

◆片足バランス
片足バランス

◆お腹の体幹トレーニング
お腹の体幹トレーニング

◆バランスディスク上でスクワット
バランスディスク上でスクワット

こちらはある程度慣れて、体幹や下半身の筋肉が鍛えられている上級者の方向けエクササイズです。

バランスクッションが上手く使いこなせない方に。

こちらの商品は平面ですのでバランスクッションと比較するとバランスを取りやすい作りになっています。

体幹を鍛える効果は少し落ちてしまいますが不安な方はこちらの商品のほうが活用しやすいかと思います。

バランスクッションの詳しい使い方は以下の記事も参考にしてみてください。
体幹を鍛える!バランスディスクの基本的な使い方と効果

バランスボールでコアトレーニング

バランスボールは少しスペースを取りますが色々なバランストレーニングに活用できます。

基本は姿勢を正して座るだけでも体幹を刺激することが出来るなど用途やトレーニングメニューが豊富な点がメリットです。

逆にデメリットはスペースが必要な点かと思います。

自宅などでスペースが用意できる方はバランスボール、難しい方はバランスディスクなど用途や状況に応じて使い分けをしてみてください。

◆バランスボールで二の腕エクササイズ
お腹や背中の体幹のトレーニングに腕のエクササイズまで追加したバランスボールの活用法です。
バランスボールで二の腕エクササイズ

◆バランスボールで腹筋エクササイズ
バランスボールで腹筋エクササイズ

道具を使わないバランストレーニング

バランスボールやバランスディスクが無い!という方向けに体一つで出来るバランストレーニングの方法をご紹介します。

◆バランストレーニングコース


全10個の体一つで出来るバランストレーニングのコースメニューです。

◆片足バランストレーニング

◆片足バランストレーニング応用編

◆バランススクワットで体幹+下半身強化
①スタンバイの姿勢 両足を肩幅程度に開き、両腕をまっすぐ天井に突き上げます。
バランススクワットで下半身強化1

②ゆっくりと腰を落とし始めます。
バランススクワットで下半身強化2

③以下の姿勢で10秒キープ!
バランススクワットで下半身強化3

以上です。

体幹を鍛えるバランストレーニングにチャレンジしてみてください♪


今回はバランスボールやバランスクッションを活用したトレーニング方法をご紹介しました。

場合によってはこのようなエクササイズツールを用意できない場合もあると思います。

そんな時でも体一つでできる体幹トレーニングの方法を具体的なやり方から正しい考え方まで詳しく解説したまとめ記事をご用意しました。

ぜひ参考にしてみてください!

体幹トレーニングの方法や効果をどこよりも詳しく解説!

関連記事