Line@

スクワットと聞くと「キツイ」、そんなイメージの方も多いのではないでしょうか?

当サイトでは初心者の方でもやりやすい方法から、上級者の方向けのやり方まで、色々なスクワットのやり方をご紹介してきました。

今回はバランスボールを活用した女性でも行い易いスクワットのやり方をご紹介します。

「太もも」を中心としたやり方と「ふくらはぎ」を中心としたバランスボールの活用法ですので、気になる部位別で使い分けてみてください♪

太ももシェイプバランスボールスクワット

太ももシェイプバランスボールスクワット
1:スタンバイ
背中にバランスボールを置いた状態で膝を徐々に曲げていきます。
背筋がまっすぐのまま、膝が90度になるように調節します。

2:膝をゆっくりと伸ばしながらボールを転がしながら直立していきます。

1〜2の動作を10回を目標に行いましょう。

※注意点
つま先と膝の向きが同じ方向を向くように注意しましょう。
つま先と異なる方向に膝が向くと腱や筋肉を痛めやすくなり、怪我の元です。

ふくらはぎシェイプバランスボールスクワット

ふくらはぎ痩せに効果的なバランスボールスクワット
1:直立の状態で背中にバランスボールを置きます。
2:かかとをゆっくりと上げ、つまさきだちの状態で5秒ほどキープします。

1〜2の動作を10回を目標に行いましょう。

バランスボールが自宅に無い方や用意するのが面倒な時は壁スクワットもオススメです☆
以前にご紹介した壁スクワットのやり方は以下を参考にしてみてください。
壁スクワットのやり方
背中にバランスボールがあった方が摩擦が無いため行い易いと思いますが、壁スクワットでも同様のエクササイズが出来ます。
軽めの負荷で下半身の強化を出来るのでご高齢の方の運動不足の解消や脚やせしたい女性などに最適なトレーニング方法です。

詳しいやり方や注意点は過去記事をご覧ください。
初心者向けスクワットで筋トレ〜膝や腰を痛めにくい壁スクワット

スクワットと一言にいっても色々なバリエーションがあります。
今回ご紹介したスクワットが負荷が足らない、逆にキツイ…と感じたら以下のまとめ記事を参考にしてみてください。
女性や高齢者の方から上級者まで実践できる難易度別でやり方をご紹介しています。

正しいスクワットのやり方難易度別まとめ

また、最近ではアメリカ発の30日間で目標回数が上がっていく「スクワットチャレンジ」は日本でも話題になっています!

目標回数があるからといって無理に行なうと怪我や痛みの原因となってしまいます…。

注意点やアプリを使って実践する方法など詳しく解説しています!!

無料のアプリで30日スクワットチャレンジ!スクワットチャレンジの注意点や正しいやり方
以上です!
負荷が軽めで、初心者でも行いやすいバランスボールを使ったスクワットや壁スクワットで下半身のシェイプエクササイズを実践してみてください♪

【バランスボールのまとめ記事】
美wiseではバランスボールを活用した様々なエクササイズ方法から、正しい座り方、空気が抜けないなどの困ったトラブルの解消法をご紹介しています。
目的に合わせてご活用いただけるよう、まとめ記事をご用意しましたのでぜひ一度ご覧ください!!

バランスボールの使い方と効果8選!

バランスボールの正しい選びのコツについては以下の記事もご参照ください!

バランスボールの選び方~選ぶ時のサイズや価格の注意点

関連記事