Line@

当サイトではバランスボールの活用方法を色々とご紹介してきました。

椅子としての活用などあまり意識しなくとも「ながら」でエクササイズ出来る方法から、普段のエクササイズの補助として、更に負荷を増したエクササイズを行うなど色々と活用法があります。

今回はバランスボールで背筋を鍛えるためのエクササイズ方法をご紹介します。

背筋を鍛える体幹トレーニングをバランスボールで補助

腰痛を改善するための筋トレとしても役立つハンドニー。
体幹トレーニングとしてもメジャーな方法ですので一度は見たことや実践したことのある方も多いのでは?

今回はバランスボールを活用して、サポートしつつ行う方法をご紹介します。
背筋を鍛えるバランスボールの使い方
お腹にバランスボールを置いた状態で、図のように対角線上の両手足を体と平行に上げます。

バランスボール無しで行う普通の体幹トレーニングの場合、ある程度の筋肉がある必要がありますが、こちらですとバランスボールがサポートしてくれるため、ご高齢の方や初心者のかたも比較的楽に行えます。

左右10回以上を目標に行なってみてください。
※両手足を伸ばした状態で、体が地面と並行になるようにバランスボールの空気量を調節しましょう。

余裕な方は!

先ほどのエクササイズと同様にお腹にバランスボールを置いた状態でスタンバイします。


両足を3秒ほど上げた状態で、お尻にしっかりと力を入れます。
3~5秒ほどのキープを5セットを目標に行なってみてください。

こちらのエクササイズも足が地面と平行になるように注意しましょう。
※腰に痛みなどを感じた際は中止しましょう。

◇脊柱起立筋・僧帽筋などを鍛える体幹トレーニングにバランスボールを活用する方法

ダイアゴナルという体幹トレーニングの方法ですが、こちらも一般的なやり方で辛いという方はバランスボールを活用することでサポートが出来ます。

慣れてきたらバランスボール無しでも行なってみてください!
ダイアゴナルのやり方

バックエクステンションをバランスボールを使って行う方法

バックエクステンションのやり方

バックエクステンションは背筋・お尻・太もも裏(ハムストリングス)などを鍛えることのできるエクササイズ方法です。

このバックエクステンションをバランスボールを使ったやり方は動画をご覧ください。

バランスボールなしで行う方法は過去記事も参考にしてみてください。
バックエクステンションのやり方と効果:上体そらしで背中とヒップの引き締め!

背筋のエクササイズ後は…。
背中側をほぐすストレッチも行いましょう!

以下の様な背筋の筋トレ方法もあります。

※背筋への負荷が高いので注意しながら行いましょう。

以上です!
バランスボールは椅子代わりに座るだけでも腹筋の他、背筋や背中側のインナーマッスルの強化にも役立ちます。

ぜひエクササイズや椅子代わりに活用してみてください♪

バランスボールの選び方のコツなどは過去記事も参考にしてみてください。

バランスボールの選び方~選ぶ時のサイズや価格の注意点

【バランスボールのまとめ記事】
美wiseではバランスボールを活用した様々なエクササイズ方法から、正しい座り方、空気が抜けないなどの困ったトラブルの解消法をご紹介しています。
目的に合わせてご活用いただけるよう、まとめ記事をご用意しましたのでぜひ一度ご覧ください!!

バランスボールの使い方と効果8選!

関連記事