Line@

腹筋をお手軽に鍛えるバランスボールを使ったお手軽トレーニングのご紹介です!

当サイトではバランスボールを使った体のいろいろな部分を刺激するエクササイズ方法をご紹介してきましたが、今回はポッコリお腹を解消するエクササイズです。

不安定なバランスボールはただ座っているだけでもお腹を中心としたコアの筋肉を鍛えることができるので椅子代わりに使ってもGood!!

バランスボールを使った腹筋トレーニング

◆バランスボールで脚上げ体操
バランスボールで脚上げ体操
背筋をしっかりと伸ばしてバランスボールの上に座りましょう。
その状態で片足をゆっくりと上げて、30秒キープするだけです!
終わりましたら少し休憩して反対側も行いましょう。
左右合わせて1セット、5セットを目標に行いましょう。

慣れない最初のうちは秒数やセット数を少なくして調節してみてください。

<ポイント>
背筋を伸ばす点です。
背筋が曲がって猫背で座ってしまうと腰への負担が大きく、運動効果が少ないばかりでなく、腰痛などの原因となりますので注意してください。

◆バランスボールでお尻上げ運動
バランスボールでお尻上げ運動
仰向けに寝そべった状態で足先をボールの上にのせます。
腰をゆっくりと浮かせて体を伸ばします。
5秒ほど下の図のようにキープしたらゆっくりと元の位置に戻ります。

お尻の上げ下げを5回を1セットとして3セットを目標に行いましょう。

<ポイント>
お尻を浮かせた下の図の時に腹筋に力が入っていることを意識してください。

◆バランスボールの上に乗って足を離す運動

お手軽にバランス化感覚も養えますが慣れない方は十分に注意をして行ってください。

◆上級者向け
以下のエクササイズは男性や腹筋運動を定期的に行っている方向けの方法です。

バランスボール上で寝そべって腹筋を行います。

以下の動画は少し小さめのバランスボールが必要です。

バランスボールを椅子代わりに使う

バランスボールは座っているだけでも腹筋を中心とした筋肉を鍛えることができます。
お手軽ですが正しい姿勢をキープしないと腰を痛める原因となってしまいますので注意をしてください。

バランスボールの最適なサイズ

選び方のポイントはノンバーストのものを選びましょう。

バランスボールの目安サイズ

今回はバランスボールを使った腹筋方法をご紹介しました。もしお腹の脂肪が気になる方、シックスパックを目指すために体脂肪を落としたいと考えている方は、以下を意識してみてください。

お腹の脂肪を落とすコツ
  • 有酸素運動も追加
  • 運動だけではダメ!
  • 軽めの糖質オフが有効
  • 医薬品の活用もオススメ!
  • 本記事をご覧頂いているということは、皆さん運動をすることに前向きな方だと思います。運動はもちろんダイエットに効果的なことは間違いありません。ただ、運動をした時にどうしても気が緩んでしまいがちです。運動をしているのにナゼか体重が落ちない、体脂肪が増えたなどの経験がある方は食生活の見直しもダイエットには必要です。その際に軽めの糖質オフは、食事の全体の量を減らすよりも実践が簡単な上、結果が出やすいです。
    プラスアルファで医薬品の防風通聖散(一般的な商品名称ですとナイシトールやコッコアポなど)は、科学的にも効果が検証されており、お腹周りが気になる方、体脂肪を落としたい方に最適な医薬品です。以下記事で価格帯や商品別の成分比較を行なっています。

    防風通聖散のダイエット効果や副作用/成分比較と口コミ

以上です。
バランスボールを上手に使って腹筋を鍛えてお腹のダイエットにチャレンジしてみてください♪


バランスボールはお手軽に体幹部を鍛えることのできるツールです。
ですが同じトレーニングばかりでは飽きてしまいますよね…。

体幹トレーニングの方法や考え方を総まとめした記事をご用意していますので、是非参考にトレーニングメニューの幅を広げてみてください♪

体幹トレーニングの方法や効果をどこよりも詳しく解説!

【バランスボールのまとめ記事】
美wiseではバランスボールを活用した様々なエクササイズ方法から、正しい座り方、空気が抜けないなどの困ったトラブルの解消法をご紹介しています。
目的に合わせてご活用いただけるよう、まとめ記事をご用意しましたのでぜひ一度ご覧ください!!

バランスボールの使い方と効果8選!

関連記事