Line@

お尻のたるみを引き締めて魅力的なヒップラインを作るお手軽筋トレのヒップリフトの方法をご消化します。

ヒップリフトのやり方は当サイトでも何度かご紹介しています。

ヒップリフトのやり方

ヒップリフトのやり方
1:マットなどの上で仰向けに寝ます。
2:手のひらを地面につけ、両膝を90度に曲げた状態でスタンバイします。
3:図のように腰を上げます。
運動不足などを感じる方は3秒ほどキープで慣らして、慣れてきたら10秒キープを目指しましょう。
3セットを目標に行いましょう。

<注意点>
図のように肩から膝までが、一直線になるように注意しましょう。

腰の反らせ過ぎは腰を痛める原因となります。

勢いに任せて、反動を使わないようにも注意しましょう。

また、腰への負荷が強いエクササイズですので腰痛など、腰に傷病を抱える方は本エクササイズを控えましょう。

ヒップリフトの効果

ヒップリフトはお尻の筋肉(大臀筋)に効果的なトレーニング方法ですが、背筋と太もも裏の筋肉も同時に使います。

太もも裏から、お尻・背中側にかけてのダイエットにも効果的と言えます。

体の歪みの原因となる体の背面の筋力の衰えを補うことが可能です。

男性などで余裕のある方はダンベルをお腹の前で持つことで負荷が増します。

こちらの記事では片足でヒップリフトを行うことで、更に下半身の引締めの効果を上げる方法が紹介されています。

ヒップリフトで片足上げ

負荷が足らないと感じる男性の方や女性でも効果を高めたい方はこちらの過去記事もお試しください。

女性でも簡単!ダイエットに効果的なインナーマッスルの鍛え方って?

<ヒップリフトで鍛えることの出来る筋肉>
・大臀筋
・脊柱起立筋
・ハムストリングス

ヒップだけではなく、体の背面を強化しよう!

美しい姿勢は実体重以上にスリムに見せる効果があります。

当サイトでは正しい姿勢を保つ方法や体の背面を鍛える方法を複数ご紹介してきました。

その中から背筋を鍛える方法をプロのフィットネストレーナーさんに解説していただいた記事がこちらです。

背筋の筋トレがダイエットに効果的なワケと美しい姿勢のメリット

上記記事にもヒップリフトがメニュー内にあります。

本記事でご紹介したヒップリフトだけでは物足らない!もっとやりたい!という方は是非こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事