下半身の慢性的な疲れやそれにともなう消化機能の衰えを回復させてダイエット効果を高める三角のヨガポーズをご紹介します。

腰痛や背中の痛みの予防にもなるポーズですが既に腰痛になってしまっている方や肩や首、腰に違和感を感じる方は控えて下さい。

三角のポーズ(ウッティタ トリコナーサナ)の効果

  • 下半身の引き締め
  • 下半身の強化
  • 消化機能の向上
  • 骨盤矯正

yoga22

ポーズ解説

1.両足を大きく開きます。
前の足(図の右足)をまっすぐ前面に、後ろ側の足(図の左足)が90度になるようにします。

左右の足のかかとが一直線になるように開きます。

足の位置が決まったら両腕を地面と並行に伸ばして
後ろ側の足(図の左足)が体を支えるストッパーの役割になります。
上体は起こしたままで、肩の力を抜いてリラックスした状態で息を吐きながら右手を右足の外側に置きます。
ゆっくりと呼吸を止めず次のポーズへと移ります。

2.息を吐きながら左腕を天井側にまっすぐ伸ばします。
視線は伸ばした手の方向を向いて天井を見ましょう。

ポーズが完成したらこのままゆっくりと呼吸を続けましょう。
30秒ほど維持します。

ゆっくりと腕をおろし、上体を起こします。

左右反対のポーズも行います。

【このポーズが辛い方、初心者の方】
バランスを取る事が難しい方は図の方向を参考にして右側に壁が来るようにしてみましょう。

バランスを崩しても壁を支えにしてポーズをとる事が出来ます。

天井側に突き出した手がしっかりと一直線になるようにする事が効果的な運動になりますので支えとなる壁を使っても綺麗なポーズを作る事を大切にしましょう。

ヨガストレッチにオススメの商品

図や写真、文章だけではポーズが分かりにくい…。
そんな方にはこちらのDVD付きの書籍がオススメです!
1300円ほどで90分の動画が付いてくるのでお得です。
4週間分で初心者の方でも気軽に始められるのが嬉しいですね!

体が硬い方にはこちらの商品がオススメです。
体が硬いとなかなか綺麗なポーズが作れず、「本当に合っているのかなぁ?」、「体が辛いだけでヨガは楽しくない!」そんな感想を持つ方が多いようです。

基本的にヨガの本やDVDは体の柔らかい人がモデルさんをしているので最初のうちは真似しずらかったり、「どうしたらそんなところに届くの?」と驚いてしまうことも……。

こちらの著者さんはご自身も体が硬かった経験を元に解説をしてくれているので安心して取り組むことが出来ます!

過去にヨガを挫折してしまった方にもオススメのDVD付き書籍です!

お知らせ:当サイトのヨガに関するお知らせ

当サイトではこの他にも健康的なダイエットに役立つヨガのポーズをご紹介しています。
呼吸法や注意点もこちらに掲載しております。
↓以下のページで一覧表示が可能です。
yoga
ヨガのポーズで痩せやすいカラダ作り〜基本のポーズと呼吸法、注意点〜
ぜひ一度ご覧いただけたら嬉しいです!

<当サイトのヨガアプリ>
当サイト 美wiseのヨガの記事をまとめたiPhoneアプリを出しました♪
無料でダウンロードできます。

1日5分ヨガストレッチでダイエット~心も体もキレイ!体の不調やお悩みを根本から解決〜
当サイトはネット接続が必要ですがアプリ内の一部はネットに繫がなくてもご利用いただけます。
ヨガのコースにはリラックスミュージックとタイマーがあります。
☆やレビューなどしていただけたら嬉しいですm(_ _)m

◆ヨガスタジオ

ヨガの一つのメリットとして「姿勢の改善効果」があります。
正しい姿勢は実際の体重や身長などを超えて美しいスタイルに近づく基礎力だと言えます。

そんな、美しい姿勢は「日頃から正しい姿勢をキープする意識」が最も大切です。

…とは言え、姿勢は気が付くと崩れていしまいがち……。


姿勢矯正ベルトや猫背矯正ベルトで姿勢を正して美しいスタイルを♪

◆オススメヨガスタジオ
自宅ヨガももちろん効果的ですが、インストラクターさんのアドバイスがあると上達は一段と早くなります!
スタジオ選びのコツなどをご紹介しています。

東京のヨガスタジオ(新宿,銀座,自由が丘,吉祥寺のおすすめヨガ教室)
大阪のヨガ教室(梅田,心斎橋のおすすめホットヨガスタジオ)

関連記事