偏平足は土踏まずのアーチが減少する先天性の要因と後天的な要因があります。

現代人は靴や靴下を履く習慣があり、昔よりも扁平足になりがちです。

扁平足だと不都合あるの?といった疑問を持つ方も多いと思います。

そんな扁平足の影響や原因・改善のためのエクササイズをご紹介します。

扁平足がもたらす影響

幼児の頃の足裏はまっ平ら、扁平足です。

年齢を重ねるごとにその平らであった足裏に土踏まずが形成されていきます。
(8歳くらいを目安に)

昔は兵役が免除される場合もあったようですが、現代では歩行などに重大な影響をおよぼすとは考えられていません。

参考:Wikipedia

扁平足だとどのような影響があるのでしょうか。
(体への悪影響がない場合もあります)

<扁平足がもたらす症状>

  • 歩行に影響する
  • 足への負担が大きくなる
  • 運動能力の低下
  • 疲労が溜まりやすくなる
  • 土踏まずの痛みの原因

主な影響としては歩行時などのクッションの役割を果たす足のアーチが無いために、下半身への負担が増えてしまったり、運動能力の低下などがあります。

激しい痛みを感じる場合はなどは手術が必要な場合があります。

そのような症状を感じる方は外科のお医者さんの診断を受けましょう。

扁平足の原因

足には体重や歩いた際などの負担を分散するためのアーチが備わっています。

先天性の原因もありますが、後天的な原因は主に運動不足や靴や靴下を常時履いているなどの生活習慣が影響を及ぼします。
扁平足の原因と脚のアーチ図解

偏平足の改善方法

偏平足の改善方法としては以下の方法があります。

裸足を心がける
エクササイズを行う
インソールやサポーターを活用する

後天性の原因による偏平足でも、先天性が原因の場合でもこれらの対策を心がける事で改善が期待できます。

扁平足を改善するエクササイズ

14-2.png
椅子に座った状態でお手軽に出来る扁平足改善エクササイズです。

足を浮かせた状態で、つま先を伸ばして5秒キープ、つま先を天井に向けた状態で5秒キープするだけです!

5セットを目標に行いましょう。

その他にも、足のグーチョキパーエクササイズや床においた布やタオルを指でつかんで離すエクササイズなども偏平足の改善には役立ちます。

外反母趾気味の方は扁平足を併発していることもあります。

もしエクササイズを行う方は以下の外反母趾改善エクササイズでも紹介をした方法を実践してみてください!


外反母趾の治し方〜自宅で出来るエクササイズで症状を緩和する方法

エクササイズの他、サポーターやインソールの活用も扁平足改善には役立ちます。
エクササイズ以上に身につけるだけですのでお手軽に始められますね!

関連記事