こんにちは!

私の子供の頃の習い事といえば水泳がとても多かったのを覚えています。今でもそうなのでしょうか。。。小学生の頃、水泳をしたあとはものすごくお腹が空いたのを覚えています。授業でもプールがあったのでほとんどの方は水泳が出来るのではないでしょうか? 

誰でも出来る水泳にもし筋トレの効果があったら。とても魅力的ですね!
実際に水泳は筋トレの効果があるのかを検証してみたいと思います。

水泳に筋トレの効果はあるのか?

まず筋トレを知ろう!

筋トレの効果はあるのか?という疑問に答える前に、まず筋トレとは?というところから言及したいと思います。

筋トレとは筋力/筋肉トレーニングの略ですから、筋力アップや筋肉をトレーニングできていれば筋トレです。筋肉というのは、日頃受けている刺激よりも大きな負荷がかかったときに、一時的に筋肉が損傷しますが、その後修復してさらに強化します。その繰り返しが筋トレであり、身体を発達させる方法なのです。

筋トレには種類がありそれぞれに目的があります。一般の方が筋トレをする理由の中には、

1)筋肥大 (筋肉を大きくして造形美を目指す)
2)筋トレした結果痩せる (ダイエット)
3)筋持久力をつける (マラソンや健康)
4)力を強くする (リハビリやレクリエーショナルスポーツ)

等が主な理由で求める結果なのではないかと思います。
では、水泳でこれらの結果が得られるのでしょうか????

水泳に筋トレの効果がある理由

1)筋肥大 (筋肉を大きくして造形美を目指す)
では水泳することで筋肥大をするのか? ここではアスリートではなく、一般の筋トレをあまりしたことがない方を例にご説明させて頂きます。

筋肥大は筋繊維が太くなることをいいます。自身の最大筋力の60-73%程度で重たいダンベルなどを使って筋トレしていると、筋肥大が起こりやすいのです。ですから、水泳をしているとき、水の抵抗を受けることで筋肉が60-73%の力を発揮していれば、理論的に筋肥大は起こり、筋トレの効果はあると言えます。

2)筋トレした結果痩せる (ダイエット)
こちらはどちらかと言うと筋肉へのアプローチではなく、脂肪燃焼に関連するので今回は言及しません。

3)筋持久力をつける (マラソンや健康)
筋持久力とは筋肉が長時間の間、力を出し続けられる能力の事をいいます。水泳では長時間水の抵抗を受けながら、泳ぎ続けますので確実に筋持久力がつきます。筋持久力をつけたいのであれば出来るだけ止まらずに泳ぎ続けることが必要なので、疲れたらすぐに休んでしまってはなかなか筋トレ効果はありません。出来るだけ自分の限界を伸ばしていくように頑張りましょう。

4)力を強くする (リハビリやレクリエーショナルスポーツ)
筋肥大をすると自然に力は強くなりますが、筋肥大をしなかったとしても力は強くなります。それは神経がより筋肉とうまく連動して働き、筋肉繊維の動員数が増えるからです。眠っている筋肉が覚醒するといえばわかりやすいかもしれません。水泳をすることで筋肉が刺激され、細かい使っていなかった部位まで刺激がいくので、筋トレの効果が確実にあります。

水泳と筋トレのまとめ

このように、水泳では“水の抵抗”を利用することによって筋肉に負荷をかけて筋トレの効果を得ることが出来ます。一概に筋トレの効果といっても種類がありますので、得たい効果によって泳ぎ方を変える必要はあります。水泳選手の体つきを見ていただくとわかるように、一般の方よりは確実に太い身体をしています。それだけでも筋トレの効果があることはわかると思います。水泳は陸上と違って関節への負担が少ないという利点もありますので、是非筋トレのメニューの一つとして取り入れて頂けたらと思います。

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

・Facebook ・Youtube ・instagram

関連記事