自分の体型の気になる部分、
二の腕、お腹周り、太腿、ふくらはぎなど、細く出来るものならしたい!
と誰しも思いますよね。

でも自分のボディケアは日々の積み重ねが必要…。

それでも少しでも細く見える方法はないだろうか…?

では毎日着ている洋服で、少しでも細く見える服や、その服の選び方、コーディネート方法があるとしたら、今すぐにでも活用したいと思いませんか?

細く見せたいと考えたとき、思いつくのは一般的にはダイエットではないでしょうか。
健康的なダイエット方法の実践にはある程度の日数を必要とします。

逆に不健康でもいいので早く痩せたいと若い方は特に考えがちです…。

ですがそのようなダイエット方法は身体への負担が大きく、健康を害してしまったり、中長期で見ると逆に太ってしまう結果をまねきます。

コツコツとエクササイズや食事のコントロールを続けつつも、即効性のある洋服の選び方で印象を変えることが出来ます。

今回はその方法とコツをご紹介したいと思います。

まずは自分の全身をよくチェックし、体型を知る事!

体型別:Aライン・Xライン・Yライン
◆洋ナシ体型さん
下半身がどっしりしている

◆りんご体型さん
上半身がボリュームがある。

◆寸胴型さん
全体的にボディにメリハリ感がない方は、
肩幅広めのふんわりとしたトップス、、ウェストはベルトなどの小物を利用してシェイプ感部分を強調し、
ボトムは裾広がりの物を組み合わせるとメリハリボディを演出出来ます。
Xラインがお勧めです。

<point>
自信のある部分、細い部分は見せて、隠したい部分はカバーできるような服を選びましょう。
上半身、下半身でメリハリが出る様な服を選んでみましょう。

コーディネート方法のポイントは大きく2つ

◆洋服のライン

◆洋服の色の配色

◆洋服のライン

まず「洋服のライン」についてですが、
Aライン、Xライン、Yラインなど、その洋服を着た際のラインがありますよね。

その洋服のラインを利用して、
自分の体型の気になる部分を目立たないようにさせる方法です。

Aライン:洋ナシ体型さんにオススメ

下半身がどっしりしている洋ナシ体型さんは、
トップスは上半身の華奢さを強調できるようなぴったり目な服を選び、
下半身はラインをカバーできるゆったりめのボトムを組み合わせるといった
Aラインコーディネートがお勧めです。

フレアスカートはウェスト引き締め効果もあり、
スカート丈が、ふくらはぎの1番太い部分にくる事によってほっそりと見せる事ができます。
Aライン:フレアスカート

ワンピースやチュニックは体にフィットしすぎず緩すぎないものを選びましょう。
Aライン:ワンピース
ウェストに絞りのあるものや、ハイウェストのボトムもお勧めです。
足長効果も得られます。

<point>
アクセントは上半身にくるようにしましょう。
ロング丈のボトムは重たい印象を与えてしまうので、小柄な方は避ける事をお勧めします。

Yライン:リンゴ体型さんにオススメ

上半身がボリュームがあり、下半身がほっそりしているリンゴ体型さんは、ボディラインを強調しない、ふんわりとしたトップスを選び、比較的ぴったり目のコンパクトなボトムと組み合わせるといったYラインコーディネートがお勧めです。

上半身にふんわりとしたトップスを身に付け、
細い下半身のラインを出す事で全体をスッキリとみせます。

リンゴ体型さんにオススメのYラインコンパクトボトムス
リンゴ体型さんにオススメのYラインボリュームトップス

<point>
お腹やお尻部分をカバーしたい方は、
お尻までざっくり隠れるアウターやチュニックなどのアイテムを選びましょう。

Xライン:寸胴型さんにオススメ

全体的にボディにメリハリ感がない寸胴型さんは、肩幅広めのふんわりとしたトップス、、ウェストはベルトなどの小物を利用してシェイプ感部分を強調し、ボトムは裾広がりの物を組み合わせるとメリハリボディを演出出来ます。

女性らしさがが出るXラインコーディネートがお勧めです。
Xラインコーディネート
ウェストに絞りのあるデザインのトップスをお勧めします。

<point>
バランスのいいくびれを作る事!

洋服の色の配色

黒や紺など、収縮色と呼ばれる色を選ぶと、色の視覚効果を得られるので細く見えます。
ただ、全身1色単にしてしまうと、重たい雰囲気や暗い印象を与えてしまいます。

濃い色と淡い色を組み合わせたり、
配色の面積や、気になる部分にだけ濃い色を用いたりする事でも、より着やせ効果を得られます。

配色のバランスで着痩せ効果
上記のワンピースは、白が面積を締めていますが、収縮色の黒が
白を挟み込むようにサイドにきているので、視覚効果を得て細く見えます。

そして、黒い部分のラインがウェストシェイプ効果を演出しています。

切り返し体型カバー

お腹周りやお尻部分をカバーしてくれるチュニックですが、
上記のチュニックは、柄と無地の切り返しが上部にきています。

このようにアクセントが上部にあるものは目線も上にくるので、
気になるお腹周りやお尻周りをよりカバーさせる効果があります。

Aライン:ワンピース
上記の洋服は、淡い色が面積をしめていますが、
切り返しがハイウェストの為、足長効果を得られます。
この色の配色が上下逆の場合は、黒いいろの部分がこう面積で比重が下にくるため、
下半身に重みが出てしまいます。

自分の体型を知り、自信のある部分はアピール、気になる部分はカバーし、洋服のボリュームとライン、色の配色の濃淡を面積などを上手く利用して、視覚効果で着やせしちゃいましょう!

関連記事