一度付いてしまうとなかなか落とす事の出来ないお尻のお肉は悩みのタネですよね…。お尻周りのお肉はセルライトの原因や急な体重増加などで肉割れの原因ともなってしまいます。

今回はそんなお尻のセルライトや肉割れの予防をするベッドの上でお手軽にできるヒップアップ体操のご紹介です。

記事の後半では、セルライトができてしまう原因と具体的な対策をご紹介します。

うつ伏せバタ足体操

ベッドなどにうつ伏せ状態でゆっくりとバタ足をする事でお尻や脚のダイエットに効果的なエクササイズのご紹介です。

p-1
1.肩幅程度に脚を開き、両手はおでこの下に置き、肩と腕の力を抜いてリラックスします。
このときゆっくり呼吸をしましょう。

2.息を吐きながらひざが曲がらないように注意しながら脚を持ち上げます。
太ももの後ろで脚を引き上げる様なイメージで行いましょう。
逆側の脚も同様の動作を行って1セットです。
4セットほど行いましょう。

前側の筋肉を使ってしまうと脚が太くなってしまう可能性がありますので太ももの裏側の筋肉を意識してみると効果的にインナーマッスルを鍛える事が出来ます。

横向きヒップアップ体操

横向きヒップアップ体操

1.横向きに寝そべった状態で下の手のひらを床につき、上の手を太ももに乗せましょう。
このときゆっくりとした呼吸を意識して、息を止めないように注意してみて下さい。

2.息を吐きながら上側の脚をゆっくりとあげておろします。
20回ほど上下運動を行ったら逆側も同様の回数を行います。

この運動を2セット程度行います。

ヒップアップとお腹ヤセに効果的な運動

こちらの運動は以前も何度かご紹介した物ですがヒップアップの他、お腹ヤセにも効果的なエクササイズですので再度ご紹介します。
ヒップアップとお腹ヤセに効果的なドローイン運動

1.四つん這いの状態で肩幅程度に手足を開きます。
手の向きはまっすぐ前方に向けましょう。

2.息を吸いながら背中を引き上げます。
視線はお腹側に向け、お腹に力を入れます。

3.息を吐きながら頭を上げます。
お腹だけを押し下げて5秒キープ!
2~3の動作を4回ほど繰り返します。

肩甲骨周りのエクササイズにも効果的です。

ながらでヒップアップできるグッズの活用も、履くだけでお尻や下半身のエクササイズができるのでおすすめです。

<ヒップアップに効果的なショーツやガードルの選び方>
ヒップアップショーツ(ガードル・パンツ)の選び方とオススメの商品

<ヒップアップに関わりの深い骨盤矯正>
女性は特に生理周期や妊娠出産などで骨盤が開いたり、歪みを生じがちです。開いた骨盤は様々な体の不調の原因となる他、お尻を大きく見せてしまいます。

ストレッチやエクササイズを頑張っていたとしても姿勢が崩れてしまっていては改善ができませんし、状態を悪化させてしまう可能性もあります。また、姿勢を正しくキープしようと思っていても、長時間維持できないことが往々にしてあります。

そんな時に姿勢矯正クッションなどを活用することで、正しい姿勢をキープする事が可能になり、骨盤の矯正に役立ちます。小さなお尻を目指すためにも、骨盤の歪みを正すことはとても大切な要素です。


オススメの姿勢維持に役立つクッションの詳しい解説は以下記事でもご紹介しています。
オススメ骨盤矯正クッションと腰痛予防に役立つ椅子でお手軽エクサ

セルライトの原因とは?

セルライトの原因
セルライトは様々な定義がありますが、医学的には一般的な脂肪と変わりがなく、皮下組織に増えてしまった脂肪が影響し、表皮に凸凹を生じてしまっている状態を指します。

ですので、マッサージなども一定の解消効果が期待できますが、基本的には体脂肪を落としていくことが基本的な対策となります。エクササイズや筋トレを実践しながら、軽めに食事を改善していくことが大切です。

より具体的なセルライトに関する解説や解消のためのセルライトローラーを活用したマッサージ方法などは以下をご参照ください。


セルライトローラーでセルライトをつぶす効果的な使い方

また、手で行うマッサージは以下をご参照ください。

お尻のマッサージ方法:セルライト予防にも役立つセルフお尻のマッサージ♪

関連記事