お手軽な全身を使った有酸素運動が出来る縄跳びダイエットに挑戦してみませんか??

縄跳びはその他の有酸素運動と比較しても効率的な運動ができるので短時間の運動で確実に効果を出したい方にピッタリ♪

ボクサーが減量とフットワーク強化のために縄跳びを使ったトレーニングを行う事からもその有用性が感じられますね!!

自宅の室内などで縄跳びにチャレンジしたい場合はエアなわとびを使うと同様の効果が期待できます。

ダイエット目的でジョギングなどを実践している方も天候に左右されてできない日もあると思います。そんな時に活躍するエア縄跳びです!
また、消費カロリーなどが計算されて頑張りが直に見えるのが嬉しいですね!

縄跳びの消費カロリー

メッツという運動のカロリー消費を表す指標では8~12メッツとされており、自転車でサイクリングやサッカー、バスケットボール、水泳など運動量が多い運動と比較しても同じかそれ以上のカロリーを消費します。

消費カロリーは30分で200kcal程度とランニングと同程度のカロリー消費をします。

◆正確な縄跳びの消費カロリー計算
軽めの縄跳び運動:8メッツ

[メッツ]×[運動時間(時間)] ×[体重(kg)]×1.05=[消費カロリー]

例えば体重60kgの人が縄跳びを30分行った場合の消費カロリーは以下になります。

8メッツ×0.5時間(30分)×60kg×1.05=252kcal

いかがですか??

たった30分の軽めな縄跳び運動で250kcalを消費できます。

毎日行ったとすると、約7500kcal分を消費して、約1キロ分の脂肪のダイエットになります。
(あくまで計算上ですので、実際の体重の増減とは異なります。)

縄跳びダイエットを続けるコツ

意気込んで頑張りすぎると翌日の筋肉痛などが心配です……。

急な運動は膝や関節にも負担をかけてしまいますのでじっくり運動量を調節しながら徐々に縄跳びの時間を増やしていきましょう。

最初のうちは3~5分なわとび、1~2分休憩を3セット行ってみましょう。

体が慣れてきたらセット数を増やして6セット行えるように頑張ってみて下さい。

その後1セット辺りの時間を延ばしてみて下さい。

10分3セットなど合計時間で30分行うのを目標にすると運動不足を感じた日などの運動として最適です♪

縄跳びダイエットの注意点

  • 膝の怪我に注意!
  • 準備運動はしっかりと!
  • 運動靴を履きましょう。

開始前に準備運動を行い、シューズを履いたうえで、コンクリートの上で行わないようにしましょう。

◆書籍のオマケでエアなわとびがついてくる商品

エア縄跳びもいいですがやっぱりホンモノの方が飛んでいる爽快感や腕への負荷などが違うように感じます。

カロリー消費量を計算してくれるエアでない、縄跳びもタニタさんから出ています。
縄跳びとしては2000円弱で、安い縄跳びが100円均一で手に入ることを考えると高級品ですがやっぱり目に見える結果が出るのは嬉しいですね♪

<エアなわとびを使った追加のエクササイズ>
◆上半身をツイスト


下半身は正面を向けたまま、上半身をひねってエアなわとびをすることでウエストまわりのエクササイズにも効果的になります。

◆下半身をツイスト


こちらもウエストを刺激する効果が高まります♪

変わり種のエア縄跳びとしてはiPhone用のアプリもあります。


手に持ったままでくるくる回すと飛んだ回数をカウントしてくれます。
iPhoneを落とさないように注意してください!!

以上です。
縄跳びを使った有酸素運動でダイエットに取り組む方法とエアなわとびのご紹介でした。
30分で出来る効果的なダイエットに取り組んでみて下さい☆

関連記事