Line@

腰の痛みや股関節の痛みを感じる方や下半身の強化を行いたい方に最適な大腰筋や腸腰筋を刺激することが出来るストレッチエクササイズをご紹介いたします。

大腰筋とは?

大腰筋は体の骨格を動かす骨格筋のひとつで、上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉の一つです。
大腰筋とは?
腰側から太ももの骨の付け根をつなぐ筋肉の一つで、近辺にある「腸骨筋」と合わせて腸腰筋と呼ばれます。

この大腰筋や腸骨筋は年齢とともに少しずつ衰えが生じ、腰の痛みの原因や股関節痛の原因の一つとなると言われています。

高齢者になると、寝たきりや転びやすさの原因ともなります。

スポーツ選手やスポーツトレーナーの間では瞬発力を必要とする短距離選手や跳躍を必要とする選手が鍛えている筋肉として有名になりました。

参考:wikipedia

鍛えることで運動能力の向上だけでなく、体幹を支えるインナーマッスルのため、基礎代謝の向上などが期待できます。

大腰筋(腸腰筋)ストレッチのやり方

大腰筋(腸腰筋)ストレッチ

片足を上げた状態で太ももが地面と平行に90度になるようにあげます。
そのまま前に踏み出すように図の2のポーズに移ります。

図の2の際に膝が前へ出すぎないように注意点してください。

ひざを痛める原因となってしまいます。

図2のポーズの状態で5秒キープ、反対側の足も同様に行います。

左右行って5回繰り返します。

2セットほど行ってみてください。

筋肉を刺激する効果も高いので下半身のダイエットにも役立ちます!!

ストレッチをダイエットに活かすためのコツや部位別のやり方を詳しく解説したまとめ記事もご用意しています!
是非参考にしてみてください。

寝る前のストレッチでダイエット〜効果の高い簡単ストレッチ方法

関連記事