Line@

ダイエット目的や健康、自身の体と向き合うきっかけとなる「ヨガ」を日々の生活に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

妊娠中は普段の体の状態と異なるため、妊婦さんに負担がかかりがちです。

妊娠中に行うヨガで適度な運動をすることで体の様々な不調の緩和に役立ちます。

今回はマタニティヨガの効果と注意点、お手軽に出来るマタニティーヨガポーズを2点ご紹介します。

マタニティヨガの効果

  • 産前・産後の不調を防ぐ
  • 妊娠中の過度な体重の増加を防ぐ
  • リラックス効果
  • 安産効果
  • 産後太りを防ぐ
  • 免疫力の向上

マタニティヨガを行うことで不安定になりがちな妊娠中の心を穏やかにする効果と腰痛や肩こり、むくみなどの不調を改善することができます。

妊娠中ですので激しい運動は禁物ですが、適度な運動で体重の増加を防ぐことで妊娠中毒症のリスクを下げることができます。

安産を迎えるには心を整えて、体重の管理がとても大切です。
適切な体重管理についてはこちらの外部サイトを参考にしてみてください)

また、ヨガによりリンパの流れがよくなり、免疫力が高まります。

まさに妊娠中の体操として最適なマタニティヨガを健康な赤ちゃんを生むためにも是非取り入れてみましょう!

マタニティヨガの注意点

メリットの多いマタニティヨガですがいくつか注意点があります。

・開始前にお医者さんに相談
・無理は絶対に禁物
・ゆったりした服装でおこなう
・妊娠初期は避ける
・貧血気味の時は避ける
・お腹の張りを強く感じるときは避ける
・必ずヨガマットを用意する
・開始は安定期に入ってから(妊娠16週〜)

また安産や赤ちゃんのためにとマタニティヨガを行おうかと考えている方も多いと思います。

マタニティヨガ自体が必ず安産につながるわけでは無いので体の状態やお医者さんと相談しながら行いましょう。

妊娠中は体の重心が変わるため、転びやすくなっています。

ヨガマットを用意して、転倒やつまづきに気をつけながら行いましょう。

基本のマタニティーヨガの行い方

※こちらのヨガは事前に注意点をよく読んでから行ってください。

◆陣痛を緩和するカパーラ・パーティー
陣痛を緩和するカパーラ・パーティー
アゴを引いた状態であぐらをかき、背筋を伸ばしてリラックスします。
鼻から小刻みに息を吐きます。
10呼吸3セット行いましょう。

◆腰痛をやわらげるネコのヨガポーズ
腰痛をやわらげるネコのマタニティヨガポーズ
ヨガの中でもメジャーなネコのポーズは腰痛の緩和と肩こりの緩和に役立ちます。

妊婦さんはどうしても腰や骨盤に負担がかかりがちです。

負担のかかっている場所をリラックスさせてあげましょう!

今回は基本編ということで軽めに行える内容をご紹介しました。

次回以降にもう少し運動量を増したマタニティーヨガをご紹介します!

繰り返しになりますが無理は禁物です!!

以下はマタニティヨガではありませんが、ヨガポーズの一覧です。
産後などに参考にしてみてください♪

ヨガのポーズで痩せやすいカラダ作り〜基本のポーズと呼吸法、注意点〜

◆オススメヨガスタジオ
自宅ヨガももちろん効果的ですが、インストラクターさんのアドバイスがあると上達は一段と早くなります!
スタジオ選びのコツなどをご紹介しています。

東京のヨガスタジオ(新宿,銀座,自由が丘,吉祥寺のおすすめヨガ教室)
大阪のヨガ教室(梅田,心斎橋のおすすめホットヨガスタジオ)

関連記事