Line@

東京マラソンから始まった、最近のランニングやジョギングブームは過熱の一途をたどっており、毎年応募倍率が上がり続けるなど、一過性のブームでなく、健康の維持やダイエット目的で「走る」ということに意識を向けて、継続している人が増えていると感じます。
最近では皇居周りを走る皇居ランなど、会社の同僚の方と行ったりする機会がある方もいるのでは??

会社の同僚と東京マラソンなど大会に出ることになった、友人とランニングする約束をしたけれども久しぶりの運動で不安…、ちょっと体重が気になるからダイエットをしたい……。

そんな方にぴったりの怪我を防いだり、辛くて挫折しないための初心者向けのランニングのコツについて、パフォーマンスコーチとして活躍する今田さんにご紹介いただきます!

皇居ランという言葉を初めて知りました 笑。
皇居の周りを走るクラブもあるんですね~。
ランニングを記録する色々なツールも増えてきてランニングを誰もが楽しめる環境になりつつあります。

これからランニングを始めようと思っている方に簡単なコツと呼吸法を今回はご紹介したいと思います。コツさえわかればどんどん練習も楽しくなるかもしれませんよ!

ランニングの5つのコツ

1)ストライド(歩幅)は狭く
初心者向けのランニングのストライド(歩幅)
あまり歩幅を大きくして短距離のように走るより、ストライドを狭く小刻みに走ってみましょう。小刻みにすることによって地面への衝撃を減らし、関節や身体への負担を減らします。走ると膝の裏が痛くなる方は特にストライドを狭くしてみてください。

2)リズムよく
ランニングはリズムが重要です。右足左足が交互に地面に接地する音がタッタッタッタッタッタと一定になるように意識してみてください。リズムよくすると全身の力が抜けるようになります。無駄な力みが取れるとより速く遠く走れるようになってきます。無駄なエネルギーは消費せず、リラックスして一定のリズムで走ってみてください

3)平坦な道を選ぶ
初心者の方は特に平坦な道を選ぶようにしましょう。初心者ということはまだまだ身体が出来上がっていない状態。身体が出来上がってないのに坂道を走ると膝や腰に大きな負担が来てしまいます。特に、下り坂は厳禁です。非常に膝や腰に悪いです。

4)呼吸は自分がしやすいものを。でもリズムが大事
呼吸は色々なところで違う方法がオススメされています。

例えば、「スッスッハッハッ」という一歩ごとに呼吸を合わせてリズムを取る方法があります。小刻みに呼吸をすることになります。

また、「スッ・スッ・ハ・~」といように、2歩で2回吸って、2歩で一回吐くというものがあります。個人的にはこれが一番ラクに感じます。

もう一つは 「ス・~・ハ・~」という風に2歩で一回吸って、2歩でまた吐くという感じです。呼吸がゆっくりな分ちょっと苦しくなるかもしれません。

自分の足やリズムと同調出来る呼吸法を見つけることが重要です。ランニングするときは呼吸法で大きく結果が変わってきます。色々試して一番しっくり来るものを選びましょう。

5)ランニングはお友達と
これが何よりのコツかもしれません。やはり、ランニングは継続してこそ意味があるもの。どんなにいい呼吸法、フォーム、コツを知っていても継続しなければ無意味です。続けるためにもお友達と励まし合いながら楽しく続けてください。

まとめ

ランニングはフォーム、呼吸、継続、走る地面選びが大切です。少しずつでいいので一つ秘湯の要素の質を高めていき、身体に無理のないランニング生活を送ってくださいね!

質問、疑問等があればいつでもコメント、Email(rise8life@gmail.com)、facebookページへのメッセージを下さい!

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

・Facebook ・Youtube ・instagram

関連記事