Line@

「痩せやすい体には正しい姿勢が大切!」
「骨盤の前傾や後傾は腰痛の原因!!」
とよく聞きますが、意識しても何が正しいのか分からないことも…。

骨盤が前傾し過ぎると「反り腰」がちになり、骨盤が後傾すると猫背になりポッコリお腹の原因やスタイルが悪く見えてしまいがちです。

そこで今回は骨盤の前傾や後傾をチェックする方法をご紹介します。

ご自身の体の状態を把握して改善のためのきっかけにしてみてください。

それぞれの改善のためのストレッチなどは後日ご紹介します!

骨盤の前傾や後傾がもたらす影響

以前、腰痛の記事でもご紹介した正しい姿勢と猫背・反り腰のタイプ別の画像を再掲します。
正しい姿勢と猫背・反り腰のタイプ

<骨盤前傾の特徴と体への影響>
・反り腰になる
・腰痛などになりやすい
・背中や首などに痛みが生じることもある
・下っ腹が出やすくなる
・垂れ尻などの原因にもなる

<骨盤後傾の特徴と体への影響>
・猫背がちになりスタイルが悪く見える
・下半身の代謝悪化
・ポッコリお腹
・膝の痛みの原因にも

骨盤後傾することにより、膝が若干曲がり、膝周辺の筋肉や腱を痛めやすい状況にもなります。

日本人女性では骨盤が前傾している傾向が強いと言われています。

骨盤が前傾しているか、後傾しているかの簡単なチェック方法

それでは具体的な骨盤の前傾・後傾のチェックを行なっていきましょう。
骨盤が前傾しているか後傾しているかをチェックする方法
1:壁を背にした状態で立ちます。
2:後頭部・お尻・かかとを壁にしっかりと付けます。
3:壁と腰の間に手を入れてチェックします。

正常な骨盤の状態であれば、猫の手(手の指の第二関節を曲げた状態)くらいのスペースが出来ます。

骨盤が前傾している反り腰の場合は手のひら2枚以上やこぶしが入る状態です。
逆に後傾している場合は手のひらであっても入れることが難しい状態となります。

こちらの方法で確認できる骨盤の前傾・後傾は体型などの影響もあるので、あくまで参考です。

骨盤を前傾か後傾させてみて、楽な状態を探る方法もあります。

意識的に骨盤を前傾・後傾しづらい方もいるかと思います。

以下の動画では椅子に座りながら前傾にしたり、後傾にするポイントが解説されています。

バランスボールが自宅にある方は乗った上で少しお尻をスライドさせることで骨盤の前傾・後傾のコツがつかみやすいと思います。

以下はちょっと大げさな動作です。。。
バランスボールを使って骨盤を前傾後傾させるストレッチ

今回は骨盤の前傾・後傾をチェックする方法をご紹介しました。

次の記事で、それぞれの状態を改善するためのストレッチ方法をご紹介しています。

当てはまる記事を選択してください。

骨盤の前傾の原因と前傾を改善・矯正するストレッチや股関節周辺の筋トレ


骨盤の後傾の原因と矯正に役立つストレッチ方法

その他にも過去記事では骨盤の開きをチェックする方法やゆがみのチェック方法も紹介しています。

腰痛や産後の方、姿勢が悪いと感じる方はぜひ一度骨盤の開きや歪みのチェックも行なってみてください!
骨盤の開きをチェックする方法〜骨盤が開く原因とその確認方法

骨盤のゆがみチェック方法と歪みを解消するストレッチ

美wise特選!ダイエットお役立ち♪

関連記事