Line@

むくみがちな方必見!むくみを改善するにはエクササイズなどだけでなく、食事の見直しも同時に行ってみましょう。

むくみは立ち仕事などで同じ姿勢で居続けたり、運動不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因があります。

運動やマッサージなどのむくみの解消を努力にプラスして「むくみの解消」に役立つ食べ物を摂ることでむくみの無い美脚や美ボディを目指しましょう!

むくみを解消する食べ物

巷にはむくみを解消するサプリなども販売されていますができることであれば日頃の食生活を見直すことで改善したいですよね!

むくみに効果的な栄養素と多く含まれる食品をご紹介します。

カリウムでむくみ解消効果

カリウムはナトリウムと共に細胞の中と外のイオンのバランスを調節し、浸透圧の調節を行います。

カップラーメンや外食、コンビニ食などは塩分が多い傾向にあり、忙しい方は食事をそのような食事で済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。

塩分を摂り過ぎると、体内のナトリウム濃度が上がり、細胞中やリンパ液の水分量が増します。

カリウムはナトリウムによる血圧の上昇を抑えるため、塩分の摂り過ぎで「むくみ」を感じる方に効果的です。

カリウムを豊富に含む食品

  • バナナ
  • スイカ
  • キウイ
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • 大豆やあずきなどの豆類
  • こんぶやワカメなどの海藻類
  • キノコ類
  • 玄米

*カリウム摂取の注意
健康な方はカリウムを多少多く摂っても尿中に排出されますが、腎臓の機能障害の方などは高カリウム血症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

◆カリウムを失う原因
コーヒーやアルコール飲料など利尿作用が高い飲み物は尿とともにカリウムが排出されやすくなるため、むくみを引き起こす可能性があります。

慢性的な下痢や嘔吐などもカリウム不足を引き起こします。

拒食症や好き嫌いなどの偏った食事はそもそもカリウムの摂取量が不足する可能性が高くなります。

ビタミンEで血行促進してむくみ予防

ビタミンEは血管を強くして毛細血管の血流をよくする働きがあります。
抗酸化作用によりお肌の活性化も促すため、むくみの予防や改善に役立つだけでなく、美容効果も期待できます。

◆ビタミンEを豊富に含む食品

  • アーモンドや落花生
  • かぼちゃ
  • 木綿豆腐
  • たらこ
  • いわし
  • ほうれん草

など

*ビタミンEの過剰摂取
骨粗しょう症のリスクが高まるという動物実験結果、高齢者を対象にしたビタミンEのサプリを摂取したグループの死亡率が10%以上高まる調査結果などがあります。

サプリなどで過剰な摂取は控えたほうがよいでしょう。

クエン酸でむくみ解消は??

クエン酸はスポーツ飲料などにも含まれており、ダイエット効果やむくみの解消に役立つという説もあります。

こちらの記事を参考にすると経口摂取したクエン酸では「ダイエット効果は期待できない」とあります。

医学部で講師をされている方のご意見ですので口から摂取するクエン酸ではダイエットに効果を期待できなそうです。

むくみの解消効果ですが、

クエン酸が疲労物質の乳酸の消去を速めるという報告があります。 この実験は、乳酸が血中に蓄積するような無酸素運動を一定時間した後に、<ブドウ糖>だけと<ブドウ糖+クエン酸>を飲んだ場合に血中の乳酸濃度の減少に差があったという実験です。

とあるので運動後や立ち仕事後の疲労回復や老廃物の排出には一定の効果が期待できます。

乳酸が蓄積していない状態でクエン酸を飲んで乳酸がさらに除去されるという実験ではありません。

とのことですので何も筋肉の疲れなど由来の「むくみ」の解消には疑問符がつきます。

梅干しなどはクエン酸が含まれていますが、塩分も多いので逆効果の可能性が高いです。

以上です。

むくみは細胞中の老廃物の代謝を妨げ、太りやすい体質やセルライトの原因となります。

当サイトでは色々なむくみの解消法やメカニズムの解説などを行っていますので参考にしてみてください。

関連記事