アメリカの大学を卒業後プロバスケットボールチームのヘッドストレングスコーチ(アスリートのパフォーマンス向上と障害予防を目的とした指導やエクササイズプログラムの作成を行う職業)を務めた後、フリーのパフォーマンスコーチとして活躍する今田さんにキネシオテープについての解説をお願いします。

今回はアキレス腱へのキネシオテープを活用したテーピング方法についてご紹介いただきます!

アキレス腱炎に効果的なキネシオテープ

イタタ、、、う〜。。。 朝ベッドから出るときにアキレス腱が痛む事はありませんか?

私自身、バスケットボールやトレーニングをしていますが、アキレス腱炎になることがたまにあり、起きた時にはバキバキで動けない!なんて事がありました。

アキレス腱というのは、身体の中で一番大きな腱と言われていて、ふくらはぎの筋肉をカカトへ繋げています。

なので運動中にふくらはぎや足首を良く使う場合はアキレス腱に負担がかかることも多く、炎症を起こすこともしばしば。

そんな負担のかかりやすい部位ですが、キネシオテープで血流を良くすると同時にサポートをすることでアキレス腱への負担を減らすことができます。

アキレス腱炎に苦しむあなたに使えるテーピング

では、早速アキレス腱が痛むあなたに、アキレス腱をサポートしてくれるテーピング法をご紹介致します。

準備するもの
・約10cmのキネシオテープ×2
・約25cmのキネシオテープ×1
準備するキネシオテープの種類

1. 足首を90°に背屈(足首を反る)させた状態で、カカト(土踏まずだとベスト)にアンカーを貼る

足首を90°にセットしたら、25cmのキネシオテープを使用します。裏紙を端から3-4cmのところでちぎり、端の部分を剥がします。

アンカーとなるその部分を土踏まずに合わせ、テープは一切伸ばさずに置くようにしっかりと貼ります。

2.カカトを包むように土踏まずからアキレス腱へ沿って貼る
土踏まずからスタートしたテープを、そのままカカトを包むように貼っていきます。テープは50%引っ張った状態(思いっきり伸ばした状態が100%)で貼ります。
アキレス腱へのキネシオテープの貼り方
そのままアキレス腱をカバーするように貼っていき、しっかりとシワができないように押さえます。  ※最後の3-4cmはまだ貼らないで下さいね。

3.残りの3-4cmを置くように貼る
残りの3-4cmはアンカーを貼った時と同様、テープを伸ばさないようにそっと貼ります。
これでアキレス腱のラインを貼り終えました。

4. 10cmのキネシオテープを痛みのあるポイントに貼る
10cmにカットしたキネシオテープの裏紙を真ん中からちぎり、両端を引っ張ります。
最初のアキレス腱に沿って貼ったテープに対して直角に貼ります。

この時にテープを80%伸ばした状態(100%が思いっきり伸ばした時)で痛いポイントの真上に貼っていきます。 両端は引っ張らず、置くように貼りましょう。

※痛む範囲が広い場合は用意したもう一枚の10cmテープを同様に貼ります。

あとは優しくテープを擦って温めることで、テープの粘着性が増して肌から剥がれにくくなりますので最後には必ず行ってくださいね。

完成!!

キネシオテープを活用するときの豆知識

キネシオテープを貼るときは引っ張り具合や位置が重要です。伸ばして貼る位置、伸ばし具合、緩ませ具合等がはじめのうちは難しいかもしれませんが、皆さんならすぐ覚えて頂けると思います。 

シワができるとその部分が当たってマメができてしまうこともあるので、出来るだけ丁寧にシワができないようお願いしますね。

是非、キネシオテープをアキレス腱の痛み軽減に活用してみてくださいね。

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

Facebookページ
Youtubeチャンネル

オススメのキネシオテープ:KTテープpro

激しいスポーツに取り組む方の他、KTテープproは世界のトップアスリートも愛用する商品です。

また、スポーツを行う方のみではなく、加齢による膝や関節の痛みの予防にも役立てることが出来きるなど、老若男女の日々をアクティブにするために活用できます。

関連記事