マタニティヨガは心を整えて、元気で健康な赤ちゃんを迎えるために最適な妊娠中に出来るエクササイズです。

安産効果のほか、妊娠中に起こりやすい辛い腰痛や肩こりの緩和に効果的です。

また、妊娠中に適度な運動をしておくことで、産後のダイエットにもつながりやすくなります。

安産と出産後のダイエットのためにもマタニティヨガを是非行ってみてください。

マタニティヨガの注意点

妊娠16週以降の安定期に入ってから行いましょう。
安定期とはいえ、デリケートな時期ですのでお医者さんの判断を仰いでから行いましょう。

妊娠中は体の重心が変化しているため、バランスを崩しやすくなっています。
転倒を未然に防ぐためにもヨガマットを用意して行いましょう。

場合によっては補助用のヨガブロックなどを用意するとポーズの補助に使えます。

難易度の高いポーズは避けましょう。

その他のマタニティヨガの注意点や効果などは過去記事を参考にしてみてください。


マタニティーヨガの効果と注意点・開始時期について

肩こり緩和のマタニティヨガポーズ

妊娠中は体の重心に変化が出るため、妊娠前は肩こりを感じなかった方でも肩こりを感じることも。
また妊娠中はシップの使用にも注意が必要です。
肩こりや腰痛を感じた時にシップを常用していた方は注意しましょう!
肩こり緩和のマタニティヨガポーズ

便秘を解消するマタニティヨガポーズ

妊娠中はホルモンバランスの変化と子宮が腸を圧迫すること、つわり中の水分不足などでどうしても便秘がちに…。
市販の便秘薬は子宮の収縮作用がある物もあるため避ける必要があります。
便秘を解消するマタニティヨガポーズ

妊娠中の便秘の解消には軽めのエクササイズの他、オリゴ糖やヨーグルトなども改善に役立ちます。
オリゴ糖でヨーグルト特有の酸味を緩和できるのも嬉しいですね♪

戦士(武将)のポーズ

妊娠中は運動もしづらく、どうしても体力が落ちがちです。

そんな時に役立つ戦士のポーズです。
マタニティヨガ:戦士(武将)のポーズ

ヨガを行っていた方にはお馴染みのポーズですね!
妊娠中はボディバランスに変化が出ていますので転倒などに十分注意して行いましょう。

マタニティヨガとDVD

1:正座・あぐらの状態で腕回し
2:首周し
3:ネコのヨガポーズ

準備運動で上半身の筋肉をほぐした後にネコのヨガポーズを行う15分ほどのメニューです。

◆妊娠中の腰痛緩和に役立つポーズ


難易度が高めですので行う際は注意しながら行いましょう。

◆マタニティヨガの準備運動に最適な上半身のエクササイズ

◆妊娠中の腰痛・肩こり解消に

以下はマタニティヨガではありませんが、ヨガポーズの一覧です。
産後などに参考にしてみてください♪

ヨガのポーズで痩せやすいカラダ作り〜基本のポーズと呼吸法、注意点〜

◆オススメヨガスタジオ
自宅ヨガももちろん効果的ですが、インストラクターさんのアドバイスがあると上達は一段と早くなります!
スタジオ選びのコツなどをご紹介しています。

東京のヨガスタジオ(新宿,銀座,自由が丘,吉祥寺のおすすめヨガ教室)
大阪のヨガ教室(梅田,心斎橋のおすすめホットヨガスタジオ)

関連記事