Line@

便秘や脂肪、筋力不足など色々な理由からで起こってしまうポッコリお腹。

今回はピラティスをベースとしたエクサイズで下腹部のポッコリを解消する方法をご紹介します。

お腹にしっかりと筋肉が付くことと運動で腸のぜん動運動を促進する事で便秘の改善にも役立ちます♪

ピラティスの呼吸法

ピラティスの呼吸法はヨガなどと異なり、胸式呼吸です。

腹式呼吸はお腹を膨らますイメージで行いますがピラティスでは普段から行っている胸式呼吸です。

お腹を膨らまさないように注意しながらゆっくりとした呼吸を行います。

ピラティスの基本の呼吸法はトレーナーの土屋先生に解説していただいた記事があります。
参考にしてみてください♪

ピラティスの効果と基本の呼吸法~ヨガとの違いとは?

下腹部を刺激する腹筋運動

下腹部を刺激するピラティス
1:仰向けの状態で両膝を図のように曲げます。

2:息を吐きながら図のようにヒザと股関節が90度になるように両足を少し手で支えてあげます。
顔はヒザや太ももを覗きこむように上げましょう。
息を吐き切ったらゆっくりと吸いながら次のポーズへと移ります。

3:息を吐きながら片足を斜め上に真っすぐ伸ばしてあげます。

4:息を吐き切ったら元のポーズに息を吸いながらゆっくりと戻します。

下腹部を刺激するピラティス
1:仰向けになり、両足を片方ずつ上げて、ヒザから下を交差させます。

2:交差させた状態をキープしながら足先を天井に向けて上げながらお尻を地面から離していきます。

3:一呼吸したらゆっくりと息を吐きながら足を戻していきます。

左右を組み替えて1セット、4セットを目標に行ってください。

おまけ:脇腹シェイプ+腸のぜん動運動を助けるエクサイズ

こちらは以前もご紹介したエクササイズですが、ひねる運動で下腹部とともに、脇腹をシェイプします。
ひねる運動が加わっていますので腸のぜん動運動を活発にする効果もあります♪

脇腹シェイプ+腸のぜん動運動を助けるピラティス

以上です。

下腹部のエクササイズでポッコリお腹を解消しましょう!!

関連記事