テレビCMやスーパーなどで見かけない日は無いと言えるほど企業も力を入れている「トクホ(特定保健用食品)」。

健康を気遣う方やダイエットに取り組んでいる方なら1度は購入したことがあるのではないでしょうか?

似たような単語として「機能性表示食品」が表示された商品をお店やテレビCMなどで見かける機会が増えてきていると思います。

「脂肪の吸収を抑える」
「糖の吸収をおだやかにする」
「血糖値の上昇をおだやかにする」

などダイエットや健康に気遣う人が気になるウリが宣伝されていますが、トクホ認定の商品でも同じような表記や表現がされています。

何が違うの…?といった疑問を解消すべく、「機能性表示食品」と「トクホ」との違いや表示を許可されている商品との付き合い方についてご紹介します。

機能性表示食品とは?

2015年4月から始まった最近出来た制度です。

そもそも食品の機能性を表示するにはいくつかの条件があります。
機能性表示食品とトクホの区分
画像引用:消費者庁 消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?

機能性表示食品の解説に移る前にトクホに関しては過去記事を参照していただき、当サイトでは始めてふれる栄養機能食品についてご紹介します。
トクホ(特定保健用食品)の一覧:血糖値を下げるお茶やトクホ商品の一覧リスト

<栄養機能食品 >
ビタミンやミネラルなどを含んだ健康食品などが該当します。
国が定めた上限値と下限値を守っていれば、届け出や申請すること無く「栄養機能食品」として表示が可能です。
含まれている栄養成分以外の機能表示はできません。
(例:カルシウム カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。)

トクホと栄養機能食品、機能性表示食品を比較すると以下のようになります。

届け出 審査 機能性の明示
特定保健食品 必要 必要 可能
栄養機能食品 不要 不要 定められた記載なら可
機能性表示食品 必要 不要 可能

審査もなく、企業側にとって楽なのは栄養機能食品ですが、表示には制限があります。
(企業にとっては差別化しづらいといえます。)

逆にトクホは食品ごとに効果や安全性を消費者庁が審査・許可しています。

今年の4月から始まった機能性表示食品はトクホのハードルが若干下がった制度と言えます。

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。 販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。 ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

引用:消費者庁 消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?

「花粉症に効果あり」、「糖尿病の方にお奨めです」などの表現は禁止されており、この辺りは医薬品ではないトクホとも同一です。
参考:消費者庁 機能性表示食品の届出等に関するガイドライン

私たち消費者目線ですと、トクホと同等の機能性の表示がされた商品が増えたと言えます。

それぞれの機能性表示食品の情報開示が必ずされ、義務ではありませんが販売元のウェブサイトにも情報開示が望ましいとされ、消費者側の判断に重きが置かれていると言えます。
(消費者庁側でも実際に購入し、届け出の内容に相違がないかの確認は予定されているようですが、具体的なチェック体制などは明らかになっていないそうです。)

届け出は予めパッケージの報告も必要なので、行き過ぎた記載や過剰な効果の喧伝は未然に防がられていると思われます。

事業者側は事前にサポート窓口を用意する必要性と健康被害が出た際に消費者庁などに報告義務がありますが、どちらかというと事後対応となりそうです。

<機能性表示食品との付き合い方>
・あくまでサポートのひとつとして
・過剰摂取はしない
・国が個別の商品を審査しているわけではない

トクホ認定商品と同じく、血糖値の上昇を抑えるであったり、糖質の吸収をおだやかにするなどの商品が現時点では多いです。

これらの健康や肥満と関わりの深い状態に関しては食生活の改善や運動習慣など根本的なライフスタイルの改善が最も大切です。

薬ではない機能性表示食品だけに頼った改善は難しいですし、トクホよりも消費者側の判断に重きをおいた制度ですので過信は一定のリスクがあります。

また、トクホよりは企業にとって負担が少なくなっていると言えますので、新しい制度に適合した商品ということで企業が売り出しているかと思いますが過度な期待は出来ません。

関連記事