肩がズシンと重い…。
肩が上がらないほど痛みを感じる……。

凝り固まってしまった筋肉は代謝を悪化させ、痩せにくい体質にもなってしまいます。

姿勢の悪さや長時間のパソコン仕事などが原因で起こる、現代病とも言える「肩こりなどの肩の痛み」を緩和するストレッチをさいたま市整体院の藤田先生にご紹介いただきます。

こんな症状に困っている方は肩が原因??

あなたは、もしかして
・背中が痛い、胸の痛みがある
・手がしびれる、肘が痛い
・よく寝ちがえる

などの症状に悩まされていませんか?

はい、こんにちは、さいたま市整体院の藤田です。

「最近は、肩の痛みに困っているんです」という方、特に若い女性からもから、ご相談頂くことが多くなってきました。

詳しく、お話を伺うと

・仕事で、長時間にわたるパソコン作業など細かい作業をすることが多い
余談、漫画家、イラストレーターなどに多い症状だそうです。
・重たいかばんを片側にかけて、長い距離歩く
・子育て中で、お子さんを抱っこする

方にそういう症状が多いですね。
特に、最近は20代~30代の若い方にも、急激に増えています。

手のしびれや、ゴワゴワ感、肘の痛みも、肩のこりが原因となって起きていることが多いです。

その症状は、こんな病名かもしれません

  • ・五十肩
  • ・四十肩
  • ・肩関節周囲炎

お医者さん、整形外科などで、診てもらうと、”五十肩の一歩手前”といわれたりすることもありますね。

しかし、”なぜ起こるのか?”という原因が解明されていないません。

注射で痛みを抑える、シップを貼ることなども、肩こりの応急処置としては有効ですが、根本的な改善にはつながりにくいというのが現状です。

その肩の痛みの原因は?

その肩の痛みの原因は、無意識の過度の緊張により、肩に力が入ったままの状態を長時間続けているため、背筋が炎症をおこし、筋機能が衰えることが原因です。

肩の筋肉が炎症を起こしている状態と言えます。
そして、筋肉の硬直による血流の悪化が、ますます肩こりを悪化させる原因となっています。

原因となる筋肉はたくさんありますが、主なものは 以下の3つです。

  • ・菱形筋
  • ・僧帽筋
  • ・肩甲挙筋

この3つの筋肉が硬くなることが原因です。

筋肉のそれぞれの場所は動画をご覧ください。

肩の痛みを解消するストレッチ

そんな肩の痛みの治療法は、菱形筋を意識してほぐすことが有効です。

※筋肉には、痛みがでない程度の軽い力で、収縮させてあげる、または、伸ばしたのちに、フッと力を抜いて弛緩して、10秒位、待っていると緊張がほぐれて、コリがとれるような生理現象があります。

ですので、痛みの原因になっている筋肉を、軽い力で順に動かしましょう。

準備:事務椅子で行う場合は、背もたれにもたれかからないで、体をおこす

1:肘をお互いの手で軽くフックする
肩の痛みを解消するストレッチ1

2:菱形筋をつかって、胸をはる。
肩の痛みを解消するストレッチ2

菱形筋を縮めてあげて、伸ばしきられていた、筋肉をリラックスさせます。
※注意、腕自体には力をいれないようにしましょう。
※肩甲骨を引き寄せて胸を突き出すようにすると菱形筋が縮まりやすくなります。

3:そうすると首の力がぬけます。
※注意
首の力が入っていない状態が正解ですので、軽く首を動かして力がぬけているか?確認してください。

4:そのポーズのままで、”かるく”上半身をねじる
肩の痛みを解消するストレッチ3

5:そのときに、骨盤がうごくのを意識する
※左に向く場合は、左足が引込み、右足が出ますね。
肩の菱形筋のうごきと、骨盤の動きが連動してくるのが、ポイントです。

肩の痛みを解消するストレッチ4
この状態を10秒間キープして、背中と首をリラックスしてる感じを味わいます。

6:ゆっくりジワ~っと力を抜いて、10秒間リラックス感を味わってください。
このジワーとした感覚を味わうのが、一番重要です。

肩や背中が、疲れた時に、2回行って下さい。
好みに応じて増やしていただいて結構です。
そうすると、肩のこりがとれて、楽になりますよ。
ぜひ、お試しくださいね。

詳しいやり方は動画でも解説をしています。

<著者プロフィール>

藤田 摩利男

腰痛などを始めとした体のつらい症状を緩和する施術をさいたま市で行う。来院者へのその場限りの施術だけでなく、自宅で出来るストレッチで症状を緩和する方法を伝えるなど、根本解決を目指す事を重視している。肩こりや腰痛など体のトラブルを解消する方法をYoutubeに100本以上掲載している。
アメブロ

美wise編集部より

藤田先生からも解説ありましたが、最近では若い女性でも肩こりや肩の痛みを感じる方が多くなってきているみたいです。

肩の痛みの原因はデスクワークなどが長いことも原因ですが、やはり運動不足も原因の一つです。

今回のストレッチ以外にも肩甲骨はがしなども肩の痛みや肩こりの解消に役立ちます。


肩甲骨はがしで肩こりや肩の痛みを解消するストレッチ

藤田先生が教えてくれたストレッチの他、肩周りのエクササイズなどで肩こりや肩の痛みを未然に防いで、基礎代謝を上げて痩せやすい体を作るためにも日頃から筋肉をほぐすエクササイズを心がけてみてください!

ストレッチをダイエットに活かすためのコツや部位別のやり方を詳しく解説したまとめ記事もご用意しています!

寝る前のストレッチでダイエット〜効果の高い簡単ストレッチ方法

関連記事