皆さんこんにちは!

フィジカルトレーニングの重要性は最近のスポーツ界でも少しずつ必要性が認められてきましたが、まだまだ認識が足りないのも事実。サッカーのワールドカップをテレビで観戦していると明らかなコンディショニング不足であったり、フィジカルの弱さによる劣勢な場面が沢山みられます。

これはサッカーだけではなく、日本のスポーツ全般に言える事です。もちろん、アスリート以外でもフィジカルトレーニングは効果的です。そんな効果や有用性について書いていきたいと思います。

フィジカルトレーニングとは?

身体能力の維持や強化、そして健康保持をするために行う運動やトレーニングの事を言います。私たちの体は何もしなければ維持すらできない性質です。成長期を終えて肉体的ピークを迎えると年齢と共に能力は衰退していきます。

しかし、トレーニングを続ける事で今よりも体力を強化する事が出来る上に、もちろん年齢の衰えは必ずきますが、その落ちるペースを劇的にゆっくりにすることができます。

フィジカルトレーニングの効果と有用性

①筋力アップ
フィジカルトレーニングの代表であるレジスタンストレーニングを行うことで筋肉が発達します。私たちの身体が動くのは筋肉があるからで、姿勢を維持出来るのも動けるのも、血液が循環するもの全て筋肉が働くからです。筋肉が衰えてしまうと身体の機能が落ちてしまいます。

②骨粗鬆症予防
人体骨格模型 45 cm - 1.7370
私たちの骨は負荷をかけないとどんどん密度が減少してしまいます。特に女性は骨粗鬆症になりやすいといわれています。骨の長軸に刺激が加わるような運動をすることで強くなる性質があることが確認されています。骨を強化するためにもフィジカルトレーニングは必要です。

③精神的健康&④ストレス軽減
フィジカルトレーニングをするとその後リラクゼーションの反応を起こすことがわかっています。その結果ストレス軽減となり、精神的健康に繋がります。また、トレーニングした結果分泌される神経伝達物質やエンドルフィンなどがうつ病や不安症などを予防、軽減してくれます。いつお何か不安に思っている方は運動する習慣をつけてみるといいかもしれません。

⑤心血管疾患の予防
心臓模型 実物大【スタンド付き】 弁 右心房 左心房 右心室 左心室 人体模型
フィジカルトレーニングの一つである有酸素運動を行うことにより、心臓の筋肉である心筋を鍛えることが出来、また血の循環がよくなると同時に脂肪やコレステロールなどといった血液をドロドロにし、血管をつまらせてしまうものを減少させる働きがあります。

まとめ

このように、フィジカルトレーニングで得られる効果はとても大きなものがあります。健康な身体を維持/向上させるならフィジカルトレーニングは一般の方もアスリートにも有用です。週に一回トレーニングするだけでも健康にいいのです。運動習慣がない方は少しずつでもいいので生活に運動を取り入れてみてはどうでしょうか?

何か質問等があればいつでもコメント、Email (rise8life@gmail.com),Facebookページからのメッセージを承りますので、御気軽にご連絡下さい!

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

・Facebook ・Youtube ・instagram

関連記事