皆さん、成長ホルモンって聞いたことありますよね!この成長ホルモン、筋トレやダイエットにとっても重要なものだと知っていましたか? 成長ホルモンを分泌させる簡単な方法はエクササイズと睡眠です。成長ホルモンはどのように身体に影響するのか?今回は皆さんに是非知って頂きたい成長ホルモンとダイエットやトレーニングとの関係をご説明したいと思います。

成長ホルモンとは

成長ホルモンは体内で分泌される物質で、身体の組織を生成するのに必要です。特に子供の頃に分泌が多く、大人になるに連れて徐々に分泌量が減っていきます。筋肉をつけたいと思っている人にはとても大事なホルモンで、さらに骨や軟骨を再生するにも必要です。

成長ホルモンは睡眠中に多く分泌され、特に真夜中に分泌されやすいので早く寝ないとせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。
6-1
また、エクササイズをすると成長ホルモンは分泌されます。とくに、レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)を行うと最も成長ホルモンが分泌されるとされており、身体の大きな筋肉を一気に使うスクワットやデッドリフトといったトレーニングは成長ホルモンを分泌させるのに適しています。ハードにトレーニングを行うとより多く分泌され、大きな負荷を短い間隔で行うトレーニングを意識して行うようにしてください。

成長ホルモンの効果

睡眠とエクササイズで成長ホルモンが分泌されることがわかりました。ではそれをどのようにダイエットとトレーニングに活かしたらいいのでしょうか?

まず、ダイエットに活かしたい方は筋力トレーニングをすると効率がいいです。なぜなら成長ホルモンには筋肉を増やし、脂肪を燃焼させる効果があるからです。中にはその効果を得るために運動をせずに成長ホルモン注射をする人がいるくらいです。アンチエイジングにも効果があります。
さらに、中枢神経を刺激するカテコールアミンを分泌させるスイッチの役割を果たすこともあり、新陳代謝をアップしてくれます。
成長ホルモンの効果

成長ホルモンとダイエットやトレーニングの関係のまとめ

成長ホルモンとトレーニングの関係
トレーニングをする → 成長ホルモンが分泌される → 脂肪燃焼されて筋肉がつく

これこそが皆さんに知って頂きたい一番の関係性です。インターバルトレーニングなどの高負荷なトレーニングや、重い荷重を扱うレジスタンストレーニングをダイエットの方法として取り入れることで成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃焼しやすくなります。さらに筋肉のビルドアップも同時にされますので、張りのある良いからだになる事が出来ます。成長ホルモンが分泌されるように生活をしてみるといい身体に変わっていくますよ!

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

・Facebook ・Youtube ・instagram

関連記事