Line@

前回は日頃の「歩き」を「ウォーキング」に変えて痩せやすい体作りを行うポイントや効果的に歩く歩幅などを解説しました。

今回はウォーキング時に怪我や関節の故障を防いで、歩く効果を高める準備運動をご紹介します。

難しいストレッチを行う必要はありません。

学生の頃の体育前に行っていた様な軽い準備運動を行いましょう!

ウォーキング前の準備運動

①伸脚
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動1
図は浅めの伸脚運動です。
太ももをストレッチできます。
更に深く伸脚する事でふくらはぎまで刺激できます。

②屈伸運動
まずは膝回しで関節をほぐしましょう。
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動2
続いて屈伸運動で膝以外にもふくらはぎや太ももをストレッチしていきます。
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動3

③背伸びの運動
背伸びの運動です。
お手軽でシンプルですがデスクワークが多い方は肩などのコリを軽くほぐしておきましょう。
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動4
ウォーキングでしっかり腕を振る事で肩周りの血流も良くなりますので肩こりの解消や予防にも効果的です。
事前の準備運動で更に効果を高めましょう!

④肩入れ
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動5
こちらも肩こりや腰痛の予防に効果的なストレッチです。
内ももをしっかりと伸ばす事が出来るので肉離れなどの予防にも効果的です。

⑤アキレス腱伸ばし
痩せるウォーキングに大切な開始前の準備運動6
こちらもおなじみですね!
ふくらはぎのアキレス腱をのばしてほぐしておきましょう。

図にはありませんが前屈なども軽く行っておくと下半身を更にほぐす事が出来ます。

5分から10分程度軽いストレッチを行ってからウォーキングを始める事で身体が温まり、運動効果が増します。
関節などもほぐれるので怪我を未然に防ぐ事ができるので必ず行いましょう!!

ウォーキング後のクールダウン

ダイエットや足痩せには運動がもちろん大切です。
ですが運動後の老廃物を流してあげるクールダウンの運動もとても大切です。

老廃物が溜まったままにしてしまうと固く太い筋肉になりがちで、足などが太くなってしまう事も……。

可能であれば先ほどの準備運動と同じ運動を行えればいいのですが余裕がない場合は屈伸と前屈などを必ず行いましょう。

脚ヤセ効果を期待したい場合はお風呂にしっかりと浸かって、マッサージなどを入念に行うようにしましょう。

マッサージは以下の過去記事を参考にしてみて下さい。
筋肉質な脚のダイエット!足痩せマッサージ&冷え対策で脚やせ

以上です。

軽めのストレッチを行う事でウォーキングを更に効果的にできる事はもちろんですが、少し身体を動かすと身体の不調などを事前に気づく事が出来ます。

関節の痛みや筋肉の痛み、その他の不調などを感じた際は無理をせず運動とウォーキングを中止しましょう。

具体的なウォーキングの仕方はこちらの記事を参考にしてみて下さい☆
正しいウォーキング!ダイエットに効果的な歩き方と歩幅

◆いつものウォーキングや徒歩を更に効果的にするには!
イージートーンが絶対にオススメです。
同じ時間の歩きでもいつもよりお尻や太もも裏の疲れが違います。

関連記事