股関節は足の骨(大腿骨頭)と骨盤をつなぐ大切な働きをする部分です。

脚の骨や骨盤周辺の筋肉が複数接合しており、股関節の柔軟性が失われることによって、骨盤のゆがみや全身のゆがみの原因となることもあります。

今回は股関節周辺の柔軟性を高める方法とそのメリットについてご紹介します。

股関節の柔軟のメリット

まず最初に股関節の柔軟性を高めるメリットをご紹介します。

血液循環の流れをよくする
怪我の予防
姿勢が良くなる
O脚やX脚の改善にも効果的

ウォーキングやジョギングを始めとしたダイエット目的の運動をよく行う方は事前の準備運動としても是非行っておきたいストレッチの一つです。

また、X脚やO脚などの脚のゆがみは骨盤から始まり、股関節、脚のゆがみへとつながっています。

目立つのはやはり脚の見える部分ですが、骨盤や股関節の柔軟を行うことで根本的な症状の改善に役立ちます。

当サイトでは骨盤矯正やO脚の改善のためのエクササイズも豊富にご紹介しています。

股関節の柔軟とともに、お悩み別でお試しください。

股関節を柔らかくする方法

それでは具体的な股関節を柔らかくするストレッチ方法のご紹介です。

股関節を柔らかくする方法1
両足を肩幅より広げて出来る限り開きます。
つま先を外に向けながらゆっくりと膝が90度になるまで腰を落とします。
10秒キープで5セットを目標に行いましょう。

股関節を柔らかくするストレッチ2
両足を肩幅より広げた先ほどと同じストレッチの状態でスタンバイします。

腰を落とした状態のままで重心を片足へと移動させます。
ずらした状態で10秒間キープ、慣れてきたら5セットを目標に行いましょう。

こちらのストレッチで辛さを感じる方は以下の動画のように椅子に座った状態で行うと楽にできます。

徐々に体を柔らかくして慣れてきたら椅子なしで挑戦してみましょう!

◆イチロー選手も行っている肩入れストレッチ

先ほど紹介の股関節の柔軟方法に肩の柔軟をプラスした方法はこちらの動画を参考にしてみてください。

イチロー選手もよく行っているストレッチです!
股関節や脚・腰の柔軟だけでなく、肩や首のストレッチも同時に行えます。

体が資本のスポーツ選手がよく行っているのも頷けますね!!

以上です。

股関節の柔軟性を高めて怪我をしにくい体、痩せやすい体を目指しましょう。

関連記事