以前、外反母趾の原因と基本的な対策についてご紹介しました。

今回は外反母趾を予防したり、症状を緩和するためのエクササイズをご紹介します。

外反母趾の一番の要因は靴にあります。

やはりエクササイズなどで対策していてもヒールの高い靴を履き続けていては改善はしにくいです。

理想は裸足でいたり、ヒールの低い靴に変えるなどが望ましいですが、お仕事の都合上などどうしてもヒールを履く必要のある方もいらっしゃると思います。

そのような方はエクササイズの他、インソールやテーピングなどを活用して悪化を防ぐようにしましょう。

*当サイトでご紹介する予防法や症状の解説はあくまで民間療法となります。
*重症・中程度に該当する方は専門の整形外科でのお医者さんの診断を仰ぎましょう。

<外反母趾の症状の重さの指標>

・正常 :〜15度
・軽症 :15〜20度
・中程度:20〜40度
・重症 :40度以上

引用:Wikipedia

外反母趾を予防・改善する足指じゃんけん

外反母趾の予防の他、足の指を使ってあげることで偏平足の改善効果も期待できます。
外反母趾を予防・改善する足指じゃんけん1
やり方は図を見ていただければ簡単にできると思います。
グーチョキパーと指を動かすだけのお手軽エクササイズです。

目安としては1日2回(朝晩)に30回ほどグーチョキパーを繰り返しましょう。

外反母趾を予防・改善するタオルエクササイズ

お次はタオルを使ったエクササイズです。

外反母趾を予防・改善するタオルエクササイズ
1:椅子に座った状態でタオルを指でたぐり寄せます。
かかとは地面につけたまま行います。

2:かかとは地面に付けたままタオルをすこし上まで持ち上げます。
持ち上げたら空中でタオルを離します。

この1と2のエクササイズを5回繰り返します。
こちらも1日2〜3セットほどを目安に行いましょう。

<外反母趾を予防するエクササイズ動画>
◆ゴムバンドを使った外反母趾予防エクササイズ

こちらの動画では太めのゴムバンドを使ったエクササイズが紹介されています。

どのエクササイズも該当するのですが、重症に該当するような症状の方は無理をすると悪化やさらなる怪我の元になりますので。お医者さんとご相談の上対策を行ってください。

以上です。
外反母趾は日頃の靴や歩き方などの改善がとても大切です。

お仕事上、ヒールが必須の方もいらっしゃると思います。

今回ご紹介したようなエクササイズの他、悪化を防ぐためのサポーターやインソールを活用することをおすすめします。

関連記事