Line@

足首の痛みは「継続的なスポーツを行っている方」のほか、「立ち仕事」、「歩くことが多い仕事」、「成長期中のお子さん」に起こりやすい症状です。

ねんざをした覚えもないのに足首に痛みを感じると不安になりますよね…。

ダイエットのためにウォーキングやジョギングを始めた方も足首に負担がかかり痛みを感じる方もいます。

今回もさいたま市整体院の藤田先生にご協力をいただき、痛みの原因解説と痛みを緩和する方法を教えていただきます!

こんな足首の痛みにお困りではありませんか?

・何もしてないのに足首が痛い。
・足首が痛いとき、痛い部分が冷たく感じる。
・足首が堅くて、足裏を床につけて、しゃがめない。
・和式トイレが苦手である

はい、こんにちは、さいたま市整体院の藤田です。

・運動が好きで、毎日何キロも走っている
・逆に、運動不足で、よく段差につまづく
・小さい頃から、体がかたい

方にそういう症状が多いです。

その症状は、こんな病名かもしれません

足首の痛みは整形外科などの医院でレントゲンをとり、見た目の異常がなければ、異常なしと診断されることが多いです。

捻挫などの、直接の原因が思い浮かばない場合は以下の原因が足首の痛みへとつながっている可能性があります。

  • ・アキレス腱炎
  • ・偏平足
  • ・開張足
  • ・モートン病
  • ・外反母趾
  • ・足底筋膜炎

女性が感じる足首のしびれ感や痛みの中で、原因として多いのが「モートン病」です。

モートン病はつま先がせまい靴を履くことが原因であることが多く、指先に炎症が起き、足の神経が圧迫されることによって、足首まで症状が出てきます。

足首が痛くなる原因

足首の痛みの原因の多くは以下の筋肉が関係しています。

  • 1:ヒラメ筋
  • 2:前頚骨筋
  • 3:長指伸筋

これらの筋肉の酷使、もしくは全く使われないことにより硬くなることが、足首の痛みの原因につながる事が多いです。

一つの解決策としては「はだし生活」があります。

靴下やストッキングなど足を圧迫する可能性のあるものを身につけない状態でいる時間を長くすることでこれらの筋肉がほぐれていく傾向があります。

モートン病や偏平足や、開帳足などの解消にもつながります。

とはいえオフィスワークをしている方はいきなり「はだし」になるもの難しいと思います。

自宅ではなるべく「はだし」生活を意識していただき、職場などでは次から紹介する筋肉をほぐすストレッチを行ってみてください。

足首の痛みの解消方法とストレッチ

足首の痛みの治療法は、足の裏やふくらはぎ・すねの筋肉をゆるめることで解消、軽減することが多いです。

  • 1:ヒラメ筋
  • 2:前頚骨筋
  • 3:長指伸筋

などの筋肉をゆるめることが、有効な治療法です。

◆足首の痛み解消の具体的なストレッチの方法

筋肉は、痛みがでない程度の軽い力で、収縮させる、または、伸ばしてあげたのちに、
フッと力を抜いて弛緩して、10秒くらい待っていると緊張がほぐれて、コリがとれる生理現象があります。ですので、この体操で痛みの原因になっている筋肉を順に動かします。

10秒程度、筋肉を軽くつかって縮んでいる感覚を感じたら、全身の筋肉をリラックスさせて、脱力させます。反対側の足も同様に行いましょう。

全力で行ってしまうと、痛めてしまう可能性がありますので、30%位から始めてみてください。

若干でも痛みを感じるようですと力を入れすぎです。気持ち良い程度に、筋肉が伸びている状態を維持するようにストレッチしてみてください。

1:足の甲をそらせる
足首の痛みを改善するストレッチ1
そうすることでヒザの前部の筋肉が固くなることが実感できると思います。

2:少しだけ、腰もそらせます。背筋を伸ばします。
足首の痛みを改善するストレッチ2

3:少しあごをひきます。
足首の痛みを改善するストレッチ3

その後、脱力して10秒くらいやすみます。

文章ではわかりづらいかもしれません。
動画も参考にしてみてください。

これをするとこんなメリットがあります

・足首の痛みがやわらぎます
・足の裏のハリ感も解消します。
・ふくらはぎの痛みも緩和されます。

ふくらはぎの痛みに関してはこちらもご参照ください
ふくらはぎの痛みの原因と痛みを緩和するストレッチ

ぜひ、試してみてくださいね!

<著者プロフィール>

藤田 摩利男

腰痛などを始めとした体のつらい症状を緩和する施術をさいたま市で行う。来院者へのその場限りの施術だけでなく、自宅で出来るストレッチで症状を緩和する方法を伝えるなど、根本解決を目指す事を重視している。肩こりや腰痛など体のトラブルを解消する方法をYoutubeに100本以上掲載している。
アメブロ

美wise編集部より

足首の痛みの解消には固定したりボルタレンが配合されたシップなども有効です。

今回、藤田先生に紹介していただいたストレッチやサポーター、シップなどで改善が見られない場合はお医者さんやお近くの整体師さんのアドバイスを受けてみてください。

ストレッチをダイエットに活かすためのコツや部位別のやり方を詳しく解説したまとめ記事もご用意しています!

寝る前のストレッチでダイエット〜効果の高い簡単ストレッチ方法

関連記事