りんごダイエットは置き換えダイエットの代名詞とも言えるほどメジャーな果物ですね!

昔からのダイエットとしても有名で一度は試したことがある方も多いのでは??

当サイトでは健康を維持して痩せる事を前提に考えていますので、置き換えダイエットを行うにしても1日1食までを上限にすることをオススメしています。

よくあるリンゴダイエット

ダイエット系のサイトやダイエット本などには3日間の3食をすべてりんごだけで過ごすメニューがよく紹介されています。

林檎一個のカロリーが150kcal程度で1食2個×3食とすると1日の摂取カロリーは900kcal程度になり、痩せる事は間違いありません。

ですがいくら栄養豊富な林檎とはいえ、栄養に方よりが出てしまう事は間違いありません。

長期間のダイエットには不向きですし、終了後のリバウンドが考えられます。

おすすめのリンゴダイエット方法

当サイトでオススメのリンゴダイエットの方法は朝食を林檎1つ食べるだけです。

朝食を食べるか食べないで一日のカロリー摂取量は大きく異なります。

朝食メニューで300~400kcal、朝マックなどですと600kcal前後のメニューになります。

単純に朝からカロリーを摂取しない方がダイエットに効果的という説もありますが、私は朝食を食べる方が太りにくいと言う説を支持しています。

朝食抜きにしてしまうとお昼に食べ過ぎてしまったり、空腹感からイライラしていしまい、ストレスを感じてしまいます。

ですので朝食は林檎などカロリーが低めで栄養バランスのよい物に置き換えてダイエットに取り組んでみましょう!

1日あたり250kcal程度のカロリー摂取を抑える事で月に1キロほどダイエット効果が期待できます。
健康的なリンゴダイエットの方法

リンゴダイエットのメリット・デメリット

◆メリット
食物繊維が豊富
お通じがよくなる
ポリフェノールが豊富

◆デメリット
元々朝食を食べていなかった人には効果が薄い。
毎食を置き換えてしまうと栄養のバランスを欠いてしまう。

食物繊維が豊富なため、空腹感を感じにくく、食物繊維が多いため便秘の解消などにも役立ちます。

毎日決まった時間に食事をとる事もぜん動運動を促し、便秘の改善に繋がります。

元々朝食を食べていなかった方も林檎など軽めの朝食をとる事で便秘を改善してぽっこりお腹を改善したり、血糖値のコントロールに役立ちます。

以上です。

当サイトではこの他にも色々な置き換えダイエット方法をご紹介しています!

毎日朝ご飯が林檎だと飽きが来てしまいますので色々と入れ替えながら試してみて下さい。

関連記事