Line@

豆腐を作る工程で豆乳を絞った際に残りかすとして出る「おから」。

搾りかすだからといって侮るなかれ、ダイエットや美容に非常に効果的なおからを日々の食生活に取り入れてみませんか?

おからの健康効果

<おからの代表的な成分>

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム

食物繊維が豊富でローカロリーなおからは豆腐を作る時に残った搾りかすですので大豆と同じくイソフラボンやサポニン、レシチンなど大豆由来の健康によいとされる成分が含まれています。

◆おからは健康にいい事尽くめ!

  • 便秘の解消
  • メタボの予防
  • 抗酸化作用
  • 美肌効果
  • 更年期障害の緩和

などなど食物繊維が豊富で美容にもダイエットにも効果的な食べ物です。

1日の摂取量は食物繊維と銅が多く含まれるた50gを目安にしましょう。

おからのカロリー

商品によっても異なりますがだいたい100gで100kcl程度です。

1日の目安の摂取量の50gとすると50kcl程度です。

炊いたお米の場合100gで170kcal程度ですのでお米に混ぜて食べるとカロリーオフが出来ますね!

おからダイエットの方法

おからダイエット

◆簡単レシピ
おからはローカロリーで食べ応えがあるので「かさまし」にうってつけです!
そのまま食べるとちょっと食べにくいですが普段の食事やお米に混ぜるとカロリー摂取を抑えながら満腹感が得られるのでダイエットにうってつけです。

①おからホットケーキ
いつものホットケーキミックスに10gほどのおからパウダーをまぶして焼くだけです。

ダイエット中のおやつにも最適です!

②食パン
朝ごはんなどに食べる方も多い食パンにおからパウダーをまぶすだけです。
ちょっと食べにくさを感じる方はジャムやバターを付けると食べやすくなります。

③みそ汁
こちらもいつものみそ汁に混ぜるだけです!

④おからご飯
家族と違うメニューのダイエット食をわざわざ作るは手間ですよね!

炊いたご飯の1/3くらいを混ぜ込むだけです。

これならダイエット食を別に用意しなくてもかさ増しレシピがすぐ出来ます。

事前に1分間程度チンしておくと食べやすくなります。

ハンバーグやポテトサラダなど練り物系にはそのまま混ぜるだけでお手軽にかさ増しができます。

詳しいレシピはクックパッドさんにたくさんあります!

関連記事