腰がだるい、立ちっぱなしで足が浮腫むなど、下半身が疲れていませんか?ストレッチってそういう時にこそやってほしいんです。一日中身体を支えてくれている下半身をしっかりメンテナンスしてあげましょう。膝や腰が痛くなってからでは治すのに時間がかかってしまいます。日々ケアをしてあげることで、締まった健康的な足を手に入れましょう。

下半身ストレッチの実践方法

▼内ももと裏ももを一気にストレッチ
内ももと裏腿のストレッチ
1)両手を広げて大の字になります。
2)まずは右足を右手に近づいけていくようにして、足を地面から浮かせずにジリジリと挙げていきます
3)膝を曲げないように伸ばしっぱなしで行います
4)反対の腰が浮かないようにしっかりと体幹の力を使って地面に押し付けましょう
それ以上自力で挙げれない場合は、少し手で引っ張ってみましょう。

▼お尻と裏腿をストレッチ
お尻と腿裏をストレッチ
1)次に右足を反対側へクロスさせます
2)先ほどと同様、膝は曲げずにまっすぐにします
3)背中が丸まったり、骨盤が丸まったりしなよう、出来るだけ股関節から動くようにして下さい
4)右足を左でに近づけていくようにしてジリジリと動かしましょう

▼股関節と背中の脇ラインを一気にストレッチ
1)うつ伏せに寝て、両手を一直線に広げましょう
2)左足を右手に近づけていくようにします
3)出来るだけ膝を伸びた状態で近づけていき、これ以上股関節や腰が伸びないと思ったら膝を曲げていきます
4)腰の捻じりすぎには注意してくださいね

▼股関節と太ももを簡単にストレッチ
股関節と太もものストレッチ
1)片膝立ちにになります
2)腰を反らないようにして、前方へ体重を移動していきます
3)上半身と骨盤が一直線になるよう意識します
4)股関節の前がストレッチされていくのを感じます
5)ここからが少し難しい部分です。やり方が難しいというよりは、バランスを取るのが難しいです。
6)股関節が伸びている方(後ろに残った方)の膝を曲げ、踵をおしりへ近づけて行きます。
4-4
7)この時に太ももがどんどん伸びていけばOKです。
8)膝を曲げたからといって、腰が反ると逆効果。腰は常に反らないよう注意して下さい

下半身ストレッチの実践方法のまとめ

如何でしたでしょうか? 普通のストレッチとはちょっと違うポイントは、可動域の限界まで自力で動かしていくということです。普段は体重を重しとして使ってストレッチをしたりしますが、今回は可動域のギリギリまで自分のちからを使ってストレッチをします。そうすることで、ただのストレッチではなく自分が“使える”可動域を増やしていくことが出来るのです。真面目にやるととてもキツイストレッチ方法ですが、是非お試し下さいね。

<著者プロフィール>

今田悠太

ロサンゼルスを中心に活動する、パフォーマンスコーチ。
卒業大学:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
専攻:キネシオロジー
経歴:
09-現在 アメリカ独立プロバスケットボールリーグ:ヘッドストレングスコーチ
07-14アメリカのスポーツ研修関係のツアーの通訳
09-現在パーソナル・パフォーマンスコーチ
<理念>
一般の男性、女性のフィットネスの指導から、人種問わず世界で活躍する プロアスリートまで幅広く指導。日米の長所を組み合わせた、身体の軸を意識した独自のトレーニングメソッドで、今までになかったトレーニング理論を作り上げ、リハビリからパフォーマンストレーニング(競技力向上)を行う。 世界には眠っている才能が多くあると感じ、少しでも個人の才能が表に出るきっかけになればいいという思いから“RISE”というグループを立ち上げる。 人と人の繋がりの中で才能が開花していくのを助け合いたいと願い、日々奮闘中。

・Facebook ・Youtube ・instagram

関連記事