Line@

こんにゃくがダイエットに効果的な事はみなさんご存知かと思います。

満腹感もあってローカロリーな食べ物と知られていますが、食べる順番を変えると脂肪やコレステロールの吸収を抑えてくれます!

今回は最近はやりの食べ順ダイエットにも役立つこんにゃくのダイエットパワーをご紹介します。

こんにゃくの成分とダイエット効果

こんにゃくの主な成分
  • 水分
  • こんにゃくいも(グルコマンナン)
  • 97%程度が水分で、残りの成分は、サトイモ科の植物の根のこんにゃく芋からなります。こんにゃく芋の成分であるグルコマンナンはアルカリ性になると固まる性質があります。(余談ですが、こんにゃくが固まる理由が明確には分かっていないそうです!)

こんにゃくの主成分であるグルコマンナンは血糖値の上昇を抑制する効果が確認されています。

血糖値の上昇は体脂肪の増加(インスリンの分泌)と大きく関わっており、急激な上昇は避けたほうがダイエットに取ってはよいとされます。

グルコマンナンを摂取することでダイエットにもプラスだとされる根拠は、その他にも便秘の改善などもあげられます。

こんにゃくの食べ方順ダイエットの方法

こんにゃくの食べ方順ダイエットの方法
こんにゃくはローカロリーなのはもちろんですが「グルコマンナン」という食物繊維が脂肪やコレステロールの摂取を抑えると言われています。

グルコマンナンはこんにゃくの乾燥時の40%を占める主成分で胃の中で膨らむため、食欲を抑えます。

食前の30分前にこんにゃく200gを食べるだけです!
満腹感が出て食事の量をコントロールに役立ちます。

こんにゃくダイエットのメリットと注意点

今回ご紹介した食べ順まで実践せずともこんにゃくは痩せたいアナタにピッタリの食べ物です。

そのメリットはたくさんあります。

こんにゃくをダイエットに使うメリット
  • 食欲を抑える
  • コレステロールの吸収を抑える
  • 食物繊維豊富
  • 便秘の改善
  • 糖尿病を予防する
  • ローカロリー
  • かみごたえがある
ダイエット中の食べたい気持ちを抑える事が出来る強い味方ですね♪

こんにゃくを使った置き換えダイエットの実践例

こんにゃくダイエットに挑戦しても続かないこともあると思います…。

もともとあまり味がない食材ですので和食の煮物などはアレンジが出来ますが、毎日という訳にも…。

そこで置き換え食としても活用できるこんにゃくの活用術をご紹介します!

1.こんにゃくゼリーを活用する

こんにゃくゼリーは味も複数ありますし、手軽なデザート代わりにも低カロリー・低糖質でオススメです!

2.グルコマンナン入りのスムージー
当サイトでは1日1食を目安の置き換えダイエットをおすすめしているのですが、粉末のスムージーはグルコマンナン入りなど、腹持ちをよくする成分が配合されています。そのため、手軽にパパっと作れる置き換え食としてオススメです。(残りの2食に関しては、栄養のバランスを考えた食事を続けることが大切です)

痩せるスムージー!グリーンスムージーのダイエット効果とレシピ20点

以上です。
こんにゃくを使ったダイエット方法のご紹介でした!

関連記事