LIFE STYLE DOOR Vol.41 (ダレノガレ明美「十勝の楽しみ方」)

ダレノガレ明美さんはJJモデルとしてデビュー後、サンジャポなどのバラエティ番組を中心に幅広く活躍しています!

元々太りやすい体質とのことでストイックな努力で現在のプロポーションを維持しているそうです。

そんなダレノガレ明美さんは2014年9月号のJJ(2014年7月発売)で2度めのダイエット特集を組まれるほど!

定期的に話題になる芸能人のダイエット方法ですが、今一番ホットなダイエット芸能人と言えるのではないでしょうか。

今回はダレノガレ明美さんの中学生時代の体重から現在に至るまでの変遷とそのコツ・ポイントについてご紹介します。

ダレノガレ明美さんの体質:中学時代

中学生の頃は身長158cmに対して体重が60kgほどだったそうです。
(Max65kgの時期もあったそうです)

当時ソフトボール部に所属していてポジションがキャッチャーだったこともあるので、かなりのがっちり目の体型だったと想像されます。

参考:日刊スポーツ

日比式という14歳以下の方の肥満度を計算する方法を活用すると「肥満」に該当します。

「ふつう」に該当する体重からすると10〜15kgほどオーバーしています。

50m走で6.8秒という記録を出したという情報もあったので筋肉質だった可能性もあります。
(正確な出典は見つかりませんでした)

この体重でこの記録を出していたらすごいですよね…。

中学生女子の50m走の平均は8~9秒です…。
日本の女性の記録では6.47秒が最速のようです。

記録がどこまで正確かは不明ですが運動が徳井だったことは間違いなさそうですね!

脱線しました……。

本人曰く「外国の血が入っているせいかもともと太りやすい体質」で骨太なので脂肪もついて見えやすいそうです。

ダレノガレ明美さん高校時代〜モデルデビュー前

太っていた中学生からいつの時期に痩せたのか、詳しい情報はありませんでした。

ただ、本人のツイートで高校生時代の写真が公開されていますがぱっと見太っているようには感じません。

2009年に高校卒業、2012年5月にJJでモデルデビューするまではアパレル店員や歯科助手も行っていたそうです。

前出の日刊スポーツの記事を参考にすると高校3年生の時から3年間に付き合った彼が「痩せている子好き」だったことからこの時期の前後にダイエットを行っていたのかもしれません。
(話題の3年で23回浮気した彼ですね…。)

モデルになる直前に当時住んでいた巣鴨から事務所のある六本木まで、約20キロを約1カ月歩き続けたこともあるそうで、この時の彼への思いや悔しさがダイエットに成功した秘訣かも…!?

このくらいの距離、運動量ですと大体1000kcalほど消費します。
短期間で3~4キロほどダイエットしていたと思われます。
中学生からモデルデビュー前までの体重は50kg中盤くらいでしょうか。
(モデルデビュー後の体重から想定すると)
中学生時代からすると数年で10キロ弱は痩せていると考えられます。

この時期をBMIから判断すると普通〜痩せ気味の体型です。

ダレノガレ明美さん:テレビに出始めてから現在まで

2012年の後半のサンジャポでの父親からの虐待経験の告白からTVバラエティへの露出が増えた彼女ですが、忙しさや芸能レポーターに追われる毎日からストレスと過食により太ってしまったそうです。

2013年3月の時点でプラス5キロ増

その後一念発起し、ジムに週6通いして1日2キロの水泳、食事制限も組み合わせて2ヶ月で7キロのダイエットに成功しました。(ダウンタウンDX 2013年12月12日放送分)

最近の話題ではJJ7月号で1回目のダイエット特集(2014年5月発売)、そして2回目の特集が9月号(7月発売)ですのでとても反響があったのでしょう。

2012年8月ごろまでに行っていたダイエット

・ジムで水中ウォーキング+水泳
100m泳いで100m歩くの繰り返しで1時間

・1日1時間のウォーキング

・お風呂後のリンパマッサージ

・朝ご飯:黒ゴマ豆乳
・昼ご飯:和食を中心に好きな物
・夜ご飯:炭水化物抜きでおかずのみ
・週2回だけご褒美のおやつ

参考:公式ブログ

2012年8月の公開記事ですのでモデルデビュー前後に行っていたメニューと思われます。

結果は3ヶ月で6キロのダイエットに成功したそうです。

内容・メニューの割には体重が落ちていないようにも感じます。
(特に食事は制限し過ぎの範囲です)

モデルデビューが2012年5月ですので、その前から徐々に体重を落とした後に更に落とそうとしたときのメニューかもしれませんね!

ダレノガレさんは骨太と言っているので、ある一定の体重から落ちにくいと思われます。

参考にされる方はもう少し食べたほうがいいと思います。
(夜ご飯に炭水化物抜きではなく、ご飯をいつもの半分くらいにする程度に留めることをおすすめします。)

ウォーキングや水中ウォーキングのやり方は過去記事を参考にしてみてください。

正しいウォーキング!ダイエットに効果的な歩き方と歩幅

【水中ウォーキングダイエット】プールで脂肪燃焼運動

ダレノガレさんはかなりストイックに食事制限と運動を行って今の体重まで落としていました。

恋愛やモデルデビューなどきっかけや目標に向かって地道な努力をした結果数十キロのダイエットに成功していました。

最終的にモデルさんレベルまで体重を落とそうとすると体質によりますが無理をしなければ維持できない方もいます。

今現在痩せているダレノガレさんでも数年にわたって運動や食事制限を行った結果、今の体重になっています。

くれぐれも短期間でもダイエットで体調を崩さないように注意してください。

ダレノガレさんを参考にしつつも健康面などに配慮しながらダイエットを行いましょう!

関連記事